WRCの2021年開催カレンダー承認。ラリー・ジャパンは11月11〜14日の最終戦に

2021年のWRC(世界ラリー選手権)開催カレンダーがWMSCで承認され、全12戦で争われることが決まった。ラリー・ジャパンは11月11〜14日の最終戦として組み込まれた。

WRCの2021年開催カレンダー承認。ラリー・ジャパンは11月11〜14日の最終戦に

 FIAの世界モータースポーツ評議会(WMSC)が10月9日(金)に開催され、世界ラリー選手権(WRC)の2021年開催カレンダーが承認された。これによれば2021年のWRCは全12戦で行なわれ、ラリー・ジャパンはその最終戦として11月11〜14日の日程で組み込まれている。

 この他、4月にはクロアチアでの初開催が決定。さらに6月にはサファリ・ラリーも復活することになった。また不測の事態に備えて、トルコ、ギリシャ、ベルギー、アルゼンチンの各ラリーが、予備リストに加えられている。

 2020年のWRCは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けた。2021年の開催カレンダーも、この影響を考慮した上で構成されることになったという。

「新型コロナウイルスは、世界中のスポーツイベントに非常に大きな打撃を与えた」

 WRCプロモーターのジョナ・シーベルはそう語った。

「WRCもその影響を免れず、2020年にはいくつかのイベントがキャンセルされた。そのため、2021年の開催カレンダーを作成するにあたり、世界の渡航に対して残る影響について、実践的かつ戦略的な決定を下さなければならなかった」

「観客や渡航するスタッフ、サプライヤー、チームやメディアに対して、2021年の最初の5ヵ月間は、長距離になるイベントを安全に開催することを予見するのは難しかった。我々のイベントの主催者は、高レベルのラリーを提供しながら、来年にも必要とされるであろう難しい新型コロナウイルスへの対策に、全力で取り組むことが不可欠だ。しかし選ばれた12のラリーが、我々を失望させることはないだろうと確信している」

 ラリー・ジャパン実行委員会も、WMSCでの承認を受け、「ラリージャパン2020実行委員会はこの発表を受け、”Rally Japan 2021”が安全に開催されるよう、準備を進めてまいります」とのコメントを発表している。

2021 FIA 世界ラリー選手権開催カレンダー

モンテカルロ

1月21-24日

スウェーデン

2月11-14日

クロアチア

4月22-25日         

ポルトガル

5月20-23日         

イタリア

6月3-6日              

ケニア

6月24-27日         

エストニア

7月15-18日          

フィンランド

7月29日 – 8月1日           

イギリス

8月19-22日    

チリ

9月9-12日              

スペイン

10月14-17日  

日本

11月11-14日

Read Also:

シェア
コメント
ペター・ソルベルグ、WRCラリー・イタリアでピレリタイヤを実戦テストへ
前の記事

ペター・ソルベルグ、WRCラリー・イタリアでピレリタイヤを実戦テストへ

次の記事

オジェ、トヨタでの戴冠諦めず。残り2戦で18ポイントの逆転を目指す

オジェ、トヨタでの戴冠諦めず。残り2戦で18ポイントの逆転を目指す
コメントを読み込む