WRCにもっと多くのメーカーを! FIA会長「危機的状況ではないが、正しいルールと新しいメーカーがWRCに必要」

FIA会長のモハメド・ベン・スレイエムは、WRCは3メーカーで健全に運営されているものの、その将来を維持するためには1~2メーカーの参入が必要だと語った。

WRCにもっと多くのメーカーを! FIA会長「危機的状況ではないが、正しいルールと新しいメーカーがWRCに必要」
Listen to this article

 世界ラリー選手権(WRC)の2023年シーズンの開幕戦ラリー・モンテカルロは、トヨタのGRヤリスが高いパフォーマンスを発揮し、セバスチャン・オジェが優勝した。

 しかしヒョンデのエース、ティエリー・ヌービルが3位、M-スポーツ・フォードのオット・タナクが5位と、ライバルたちも意地をみせた。

 2019年末にシトロエンが撤退して以降、WRCの最上位クラスはトヨタとヒョンデ、フォードの3メーカーが争っている状態だ。ただ、フォードは英国チームのM-スポーツとセミワークスの関係である。

 今季はWRCのラリー1規定2年目となる。このルールは市販車に由来しないパイプフレームと共通のハイブリッドシステム、バイオ燃料を用いていることが特徴となっている。またコスト削減のため、パドルシフトやセンターデフ、電子制御デフは禁止されている。

 このルールはもともと、新規参入を検討しているマニュファクチャラーの関心を集めるために考案されたものだが、今のところは既存のマニュファクチャラー3チームが2024年末までの参戦に同意したのみとなっている。

 しかしながら、すで2025年以降のラリー1レギュレーションに関する議論は進められており、2ヵ月後に発表される予定となっている。そしてアルピーヌやステランティス・グループ、ラリー2で活躍するシュコダなどは、将来的にレギュレーションが変更されればWRCに参加したいと表明している。

Sébastien Ogier, Toyota Gazoo Racing WRT, Mohammed Ben Sulayem, FIA President

Sébastien Ogier, Toyota Gazoo Racing WRT, Mohammed Ben Sulayem, FIA President

Photo by: Red Bull Content Pool

 ラリー・モンテカルロを訪れたFIA会長のモハメド・ベン・スレイエムは、WRCの現状について、ラリー1への移行は正しい判断だったとしながらもWRCを盛り上げるためには、より多くのメーカーの意見が必要だと考えているようだ。

「マニュファクチャラーだけではなく、パッケージ全体が重要なんだ。ドライバーは揃っているが、イベントをどこで開催するか、取材や観客動員をどうするのかも重要だ」

「WRCを維持するためには、もっと多くのメーカーが必要だと思うし、もっと増やす努力を続けるべきだ。しかし3メーカーであっても、それを維持し、新しいレギュレーションが正しく行なわれる限りWRCは健全である」

「バランスをとるためには、少なくとも1社から2社のマニュファクチャラーが参入してくる必要があると思う。そうすれば、そうすれば、もっと競争が激しくなる。ラリー1への変更は正しかったと思う。昨年は皆にとって大きなテストだった」

「ラリードライバーはすぐに(マシンのハイブリッド化に)適応できると信じているし、実際そうだったが、信頼性に問題があった。現在ハイブリッドの信頼性は向上しており、パワーもある」

「明らかに、そのルールを維持して持続可能なモノにする必要がある。そのためにもいくつかの変更が行なわれるだろう。しかし、今あるものを使い、レギュレーションに関してはより柔軟性を持たせなければならない」

 競争力を高める必要性を認めながらも、ベン・スレイエムは現在のWRCの最上位クラスが危機的状況にあるわけではないと主張する。

「我々の家が火事になっているとは思っていないよ」

 ラリー畑出身のベン・スレイエムはそう語った。

「今あるものの延長線上で使い、その後、時間をかけて正しいレギュレーションを導入すべきだと思っている」

「もちろん、多少の修正はあるかもしれないが、当面はラリー1の新ルールが正しいルールであることを確認する必要がある」

「私はいつも、『それが自分たちに合っている』と固執してはいけないと言っている。私が競技をしていた頃もそういうルールがあって、それが我々にとって良いものではなかったことを覚えているからだ」

「だからもう一度、こに持続不可能な問題があったのか、確認する必要があると思う。環境の持続可能性ということではなく、モータースポーツの持続可能性ということだ」

「またドライバーやマニュファクチャラー、報道関係者の声にも耳を傾けるべきだろう。我々はもっと魅力的で、何かを考え出す必要がある」

 
関連ニュース:

シェア
コメント

前人未到のラリー・モンテカルロ9勝目にオジェ感激「プライスレスな勝利。実感には時間がかかりそう」

WRC開幕戦はトヨタの“圧勝”。しかしヒョンデ勢はそれほど焦っていない?「心配する必要はない」とヌービル

最新ニュース

F1浪人リカルド、”期待を楽しめるカテゴリー”なら参戦も視野に? 活動計画は未定も「ある程度の融通は効く」と示唆

F1浪人リカルド、”期待を楽しめるカテゴリー”なら参戦も視野に? 活動計画は未定も「ある程度の融通は効く」と示唆

F1 F1

F1浪人リカルド、”期待を楽しめるカテゴリー”なら参戦も視野に? 活動計画は未定も「ある程度の融通は効く」と示唆 F1浪人リカルド、”期待を楽しめるカテゴリー”なら参戦も視野に? 活動計画は未定も「ある程度の融通は効く」と示唆

ますます高まるF1の価値。人気沸騰だけじゃない「走る実験室」としての役割が完全復活……フォードがF1に復帰する理由

ますます高まるF1の価値。人気沸騰だけじゃない「走る実験室」としての役割が完全復活……フォードがF1に復帰する理由

F1 F1

ますます高まるF1の価値。人気沸騰だけじゃない「走る実験室」としての役割が完全復活……フォードがF1に復帰する理由 ますます高まるF1の価値。人気沸騰だけじゃない「走る実験室」としての役割が完全復活……フォードがF1に復帰する理由

デ・フリーズ、F2時代の融資で裁判沙汰も”完全勝利”。「これでF1への準備に集中できることを願う」

デ・フリーズ、F2時代の融資で裁判沙汰も”完全勝利”。「これでF1への準備に集中できることを願う」

F1 F1

デ・フリーズ、F2時代の融資で裁判沙汰も”完全勝利”。「これでF1への準備に集中できることを願う」 デ・フリーズ、F2時代の融資で裁判沙汰も”完全勝利”。「これでF1への準備に集中できることを願う」

【F1新車? 雑感解説2023:レッドブルRB19】RB18と合成してみた! ビックリするほど同じ……違いが見られるのはインダクションポッドくらい?

【F1新車? 雑感解説2023:レッドブルRB19】RB18と合成してみた! ビックリするほど同じ……違いが見られるのはインダクションポッドくらい?

F1 F1

【F1新車? 雑感解説2023:レッドブルRB19】RB18と合成してみた! ビックリするほど同じ……違いが見られるのはインダクションポッドくらい? 【F1新車? 雑感解説2023:レッドブルRB19】RB18と合成してみた! ビックリするほど同じ……違いが見られるのはインダクションポッドくらい?