WRCフィンランド:トヨタのタナクが好発進。5.8秒のリードでトップ

シェア
コメント
WRCフィンランド:トヨタのタナクが好発進。5.8秒のリードでトップ
執筆: Matt Beer
翻訳:: 松本 和己
2018/07/28 5:46

WRCラリー・フィンランドのSS11までを終え、トヨタのオット・タナクがシトロエンのオストベルグを5.8秒リードしトップに立っている。

Ott Tanak, Toyota Gazoo Racing
Jari-Matti Latvala, Miikka Anttila, Toyota Yaris WRC, Toyota Gazoo Racing
Ott Tanak, Martin Järveoja, Toyota Yaris WRC, Toyota Gazoo Racing
Ott Tanak, Martin Järveoja, Toyota Yaris WRC, Toyota Gazoo Racing
Mads Ostberg, Torstein Eriksen, Citroën C3 WRC, Citroën World Rally Team
Thierry Neuville, Nicolas Gilsoul, Hyundai i20 WRC, Hyundai Motorsport

 WRC第8戦ラリー・フィンランドのSS11までが行われ、トヨタのオット・タナクが5.8秒のリードを築きトップに立っている。

 1日を通し、タナクはシトロエンのマッズ・オストベルグと熾烈なトップ争いを展開。繰り返しリードを奪い合った。

 午後最初のステージとなったSS6を終えて、オストベルグがわずか0.1秒のリードと大接戦。その後、SS8まではオストベルグが少しずつリードを広げたが、シトロエンのタイヤ摩耗がトヨタよりも高かったことから徐々に後退。SS9でタナクがトップに立ち、SS11を終えた時点でオストベルグに対して5.8秒差をつけた。

 3番手はトヨタのヤリ-マティ・ラトバラ。ただ、トップ2のペースについていくことができず、タナクからは23.1秒遅れとなっている。4番手のヘイデン・パッドン(ヒュンダイ)とは13.3秒差だ。トヨタの3台目、エサペッカ・ラッピは8番手だった。

 5番手ティーム・スニネン(Mスポーツ)に続いたのが、同じくMスポーツの王者セバスチャン・オジェ。現在ランキング2位のオジェは、SS11でトップタイムをマークしたものの、タナクとは1分近い差がついている。

 一方、ポイントリーダーのティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)はオジェよりもさらに1分ほど後方の10番手に沈んでいる。ヌービルは午前中にスピンを喫したことでスタート順が先頭になってしまい、路面の掃除役に。結果として、ほとんどのステージで苦戦することとなった。

 この日、大きなクラッシュに見舞われたのが、ヒュンダイのアンドレアス・ミケルセン。マシンが横転しかけるクラッシュを喫したが、観客の助けもありなんとか走行を再開した。

WRC第8戦ラリー・フィンランド:金曜日総合結果

WRCラリー・フィンランド金曜日ハイライト

 

次の WRC ニュース
オジェ、昨年フィンランドを制したトヨタ警戒「今年は彼らがベンチマーク」

前の記事

オジェ、昨年フィンランドを制したトヨタ警戒「今年は彼らがベンチマーク」

次の記事

WRCフィンランド:トヨタ勢が絶好調。オット・タナク、リードを39秒に拡大

WRCフィンランド:トヨタ勢が絶好調。オット・タナク、リードを39秒に拡大
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・フィンランド
ドライバー ヤリ-マティ ラトバラ , マッズ オストベルグ , オット タナク
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 Matt Beer
記事タイプ レグ・レポート