F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
18 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
11 days

WRCドイツ金曜:トヨタのタナク、ヌービルを僅差で抑え首位

シェア
コメント
WRCドイツ金曜:トヨタのタナク、ヌービルを僅差で抑え首位
執筆:
2019/08/24 6:46

WRC(世界ラリー選手権)第10戦ドイツは金曜日の走行を終え、トヨタのオット・タナクとヒュンダイのティエリー・ヌービルが2.8秒の僅差で首位を争っている。

 WRC(世界ラリー選手権)第10戦ドイツでは、激戦繰り広げられている。トヨタのオット・タナクとヒュンダイのティエリー・ヌービルが、金曜日の走行を終えた段階で2.8秒差で首位を競い合っているのだ。

 この日のオープニングステージで最速だったのはヌービルだった。しかしその後の2ステージでは、タナクが反撃し、トップタイムをマークした。その後はタナクとヌービルがステージごとに首位を入れ替える状態。結局最終的には、タナクが2.8秒のリードを手に、この日の走行を終えた。

 シトロエン勢は午前中からアンダーステアに悩まされることになった。セバスチャン・オジェは午後挽回の兆しを見せたが、ステージが進むに連れて、トップ2台との差が拡大していった。そして金曜日最後のステージであるSS7でコーナーをワイドに走ってしまったことによりタイムロス。結局首位タナクから22.1秒遅れの総合3番手となった。

 なおオジェの後方にはクリス・ミークとヤリ-マティ・ラトバラのトヨタ勢2台が続いている。

 ヒュンダイのダニ・ソルドは4番手でSS6を終えていた。しかし、SS7でギヤボックスのトラブルに見舞われ、トヨタの2台に先行されたばかりか、チームメイトのアンドレアス・ミケルセンらにも抜かれ、総合9番手で2日目を終えた。なお7番手につけているエサペッカ・ラッピ(シトロエン)もスピンを喫したことにより、ポジションを落としている。

 ヤリスWRCを駆り今回参戦している勝田貴元は、総合11番手につけている。

次の記事
WRCドイツ:ヤリスで初参戦の勝田貴元、初日11番手「経験を積むのが目標」

前の記事

WRCドイツ:ヤリスで初参戦の勝田貴元、初日11番手「経験を積むのが目標」

次の記事

WRCドイツ土曜日:ライバル脱落でトヨタがトップ3独占、勝田貴元は10番手

WRCドイツ土曜日:ライバル脱落でトヨタがトップ3独占、勝田貴元は10番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・ドイツ
ドライバー オット タナク , セバスチャン オジェ , ティエリー ヌービル
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 Matt Beer