ラリー・ドイツ土曜日:トヨタのタナクがリード拡大。44秒の大差で最終日へ

シェア
コメント
ラリー・ドイツ土曜日:トヨタのタナクがリード拡大。44秒の大差で最終日へ
執筆: Matt Beer
2018/08/19 3:09

ラリー・ドイチェランドの土曜日走行が行われ、ライバルの後退もあり、トヨタのオット・タナクがリードを43.7秒まで拡大。首位で最終日を迎えることになった。

 WRCラリー・ドイチェランドの土曜日の走行が行われ、TOYOTA GAZOO Racingのオット・タナクが大差をつけて初日からの首位をキープしている。

 2番手にはセバスチャン・オジェ(M-スポーツ・フォード)つけていたが、SS13でタイヤパンクチャーに見舞われてしまった。タイヤを交換したことで、1分40秒ほどのタイムロス。9番手まで後退してしまった。

 代わって2番手に浮上したのは、ダニ・ソルド(ヒュンダイ)。3番手のヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ)とは初日から接近戦が続いており、一進一退。結局わずか0.8秒差で最終日を迎えることになった。

 タナクと52.5秒差の4番手は、ポイントリーダーのティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)。3番手でこの日をスタートしたものの、ペースが上がらず徐々に離されていった。彼の6.3秒後方、5番手にはエサペッカ・ラッピ(トヨタ)が続いており、トヨタの全3台がトップ5に入っている。

 ラッピから約50秒ほど離れて6番手のアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)。その0.5秒差に、オジェがつけポジションアップを狙っている。

 最終日の19日(日)は、SS16〜SS18の3本のSSが行われ、合計距離は72.18kmとなっている。

【動画】ラリー・ドイチェランド土曜日ハイライト

ラリー・ドイチェランド順位表(SS15終了時点)

次の WRC ニュース
ラリー・ドイツ金曜:トヨタのタナク、オジェに12秒差で首位キープ

前の記事

ラリー・ドイツ金曜:トヨタのタナク、オジェに12秒差で首位キープ

次の記事

ラリー・ドイツ:トヨタのオット・タナク、連勝で今季3勝目。トヨタ1-3

ラリー・ドイツ:トヨタのオット・タナク、連勝で今季3勝目。トヨタ1-3
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
ドライバー ヤリ-マティ ラトバラ , ダニ ソルド , オット タナク
執筆者 Matt Beer
記事タイプ レグ・レポート