ラリー・ドイツ初日:トヨタのオット・タナクがSS1をトップ発進

シェア
コメント
ラリー・ドイツ初日:トヨタのオット・タナクがSS1をトップ発進
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2018/08/17 6:21

WRC第9戦ラリー・ドイチェランドが開幕。トヨタのオット・タナクが、この日行われたスーパースペシャルステージをトップで終えた。

 FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・ドイチェランドの初日、スーパースペシャルステージとしてSS1が行われ、トヨタのオット・タナクがトップタイムをマーク。前戦ラリー・フィンランドを制した勢いを維持した。

 ザンクト・ヴェンデル市街地で行われたSS1は大きな牧草ロールによって形づくられた非常にタイトなステージ。全長2.04kmと短いこともあり、WRC2のドライバーも上位に顔をのぞかせた。

 昨年のラリー・ドイチェランドでSS1トップタイムを記録したターマックのスペシャリスト、ヤン・コペッキー(シュコダ)は今年のSS1でも好調。2分11秒8というタイムで総合5番手となった。

 WRCクラスで彼のタイムを超えられたのは、タナクとダニ・ソルド(ヒュンダイ)のみ。2分11秒2を記録したタナクが総合トップ、ソルドは0.4秒差の総合4番手となった。

 ランキング2位のセバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)は総合6番手(クラス3番手)、ポイントリーダーのティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)は総合13番手(クラス7番手)となっている。

 トヨタのエサペッカ・ラッピは総合12番手、ヤリ-マティ・ラトバラはイン側の牧草ロールにヒットし、一時失速した場面もあり総合15番手となっている。それでも、ラトバラとタナクの差は2.6秒。本格的な争いは2日目からスタートとなる。

【リザルト】WRC第9戦ラリー・ドイチェランド:SS1結果

次の WRC ニュース
トヨタ社長、三菱とスバルのWRC参戦を期待「彼らの復帰をサポートしたい」

前の記事

トヨタ社長、三菱とスバルのWRC参戦を期待「彼らの復帰をサポートしたい」

次の記事

ラリー・ドイツ金曜:トヨタのタナク、オジェに12秒差で首位キープ

ラリー・ドイツ金曜:トヨタのタナク、オジェに12秒差で首位キープ
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
ドライバー オット タナク
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ ステージレポート