ヒュンダイ、WRC&WTCRチーム代表のアンドレア・アダモ離脱を発表

ヒュンダイ・モータースポーツは、WRCやWTCRなどのチーム代表を務めてきたアンドレア・アダモが辞任したことを発表した。

ヒュンダイ、WRC&WTCRチーム代表のアンドレア・アダモ離脱を発表

 ヒュンダイ・モータースポーツは12月7日、これまでチーム代表を務めてきたアンドレア・アダモが辞任することを発表。後任はひとまず社長のスコット・ノーが務めることになる。辞任理由に関しては”一身上の都合”とされており、アダモは即日チーム代表を辞任した。

 アダモは2015年にヒュンダイ・モータースポーツへ加入し、カスタマーレーシングプログラムのトップに就任。WRCでは219~2020年にマニュファクチャラー選手権を連覇、WTCR(世界ツーリングカーカップ)では2018~2019年でタイトルを獲得と、様々な実績を残してきた。

 2022年に向けてはWRCでハイブリッド化という大きな変化を控えた大事な時期の辞任となってしまったが、ヒュンダイとアダモは相互の合意によって辞任を決めたという。

 アダモは辞任に際し、次のようにコメント。チーム代表を務めてきた6年間に感謝を語っている。

「ヒュンダイ・モータースポーツとの6年間を過ごした後、私はこのチーム代表としての役割から降りることで、お互いに合意した」

「今こそ、キャリアにおけるクライマックスや成功、幸せな思い出や獲得したタイトルなどを獲得してきた期間を振り返る時だ」

「カスタマーレーシング部門の設立から、WTCRそしてWRCでの連続タイトル獲得まで、我々の成し遂げてきたことを誇りに思っている。ヒュンダイ・モータースポーツの将来の成功を祈っている」

 なおヒュンダイは、アダモの離脱によってWRCの2022年シーズンに向けた新型マシンの準備などに影響が及ぶことは無いとコメントしている。

 彼の後任に関してはまだ決定しておらず、短期的にはヒュンダイ・モータースポーツのスコット・ノー社長が代表を兼任することになる。

 ノー社長はアダモのこれまでの在籍期間中の多大な貢献を讃え、今後の活躍にエールを送った。

「WRC、そしてWTCRで重要なタイトルを獲得した、アンドレアの6年間の多大な貢献に感謝したい」

「我々は共に過ごした非常にポジティブだった瞬間を思い起こすことができる。彼の将来の成功を心から祈っている」

「1月のラリー・モンテカルロを皮切りに始まる2022年シーズンに向けた運営は予定通り継続される」

「モータースポーツ活動を通じて、我々は世界中でヒュンダイのハイパフォーマンスを証明し、それを加速させていくことをお約束する」

 
Read Also:

シェア
コメント
ヒュンダイ、フランスでのテストでプロトタイプ最終バージョン公開。外観が大きく進化
前の記事

ヒュンダイ、フランスでのテストでプロトタイプ最終バージョン公開。外観が大きく進化

次の記事

FIA、WRCの新しいコスト制限策を発表。エンジンは2基、ハイブリッドユニットは9基に制限

FIA、WRCの新しいコスト制限策を発表。エンジンは2基、ハイブリッドユニットは9基に制限
コメントを読み込む