セバスチャン・ローブ、ヒュンダイWRCと契約合意か? 近く発表へ

シェア
コメント
セバスチャン・ローブ、ヒュンダイWRCと契約合意か? 近く発表へ
執筆: David Evans
2018/12/12 23:55

9度のWRC王者であるセバスチャン・ローブは、ヒュンダイWRCチームとの契約に合意し、2019年のWRCに参戦するようだ。

 WRCのチャンピオンに9度輝いた”レジェンド”のセバスチャン・ローブが、ヒュンダイと契約して2019年のWRCに参戦するようだ。

 これまでシトロエンやプジョーなど、PSAグループとしか契約を交わしてこなかったローブ。motorsport.comの調べによると、ヒュンダイとの契約は13日(木)にも発表されるようだ。

 ローブは現在、来月のダカールラリー参戦に先立ち、アブダビでプジョー3008DKRをテストしている。

 ヒュンダイのチームマネージャーであるアラン・ペナスは、ヒュンダイがローブと話し合いを持ったことを認めているが、その際にはローブとの契約について否定していた。

 ローブがチームにどのように関わるのか、そしてヒュンダイのドライバーラインアップがどうなるかはまだ不透明だ。ローブはすでに、WRCにフル参戦する可能性は除外しており、ダカールラリー(1月6日〜17日)に参戦するため、その翌週から始まる、WRC開幕戦のラリー・モンテカルロに参戦するのは難しいだろう。

 ペナスは先週、1月24〜27日に開催されるラリー・モンテカルロのラインアップにサプライズはないとコメントしており、ティエリー・ヌービルやアンドレアス・ミケルセン、ダニ・ソルドといった2018年と同じラインアップで臨むとみられている。

 プジョーが2018シーズン限りで世界ラリークロス選手権(WRX)から撤退したことで、ローブは約20年間で初めて、プロ契約なしで新たな年を迎えるところだった。

 WRCへのフル参戦は2012年が最後となっているレジェンドだが、2018年はシトロエンから3つのイベントにスポット参戦すると、ラリー・カタルーニャで見事優勝。2013年のアルゼンチン以来となる、通算79勝目を記録している。

次の記事
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
ドライバー セバスチャン ローブ
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ
執筆者 David Evans