ラリー・GBを制したエバンス、来季オジェのチーム残留を強く願う

エバンス(Mスポーツ)は、チームメイトであるオジェが来シーズンもチームに残留することを望んでいる。

 WRCラリー・GBで初優勝したエルフィン・エバンス(Mスポーツ)は、チームメイトであるセバスチャン・オジェが来シーズンもチームに残留することを望んでいる。

 今季Mスポーツは、最終戦前にマニファクチャラーズチャンピオンシップとドライバーズチャンピオンシップを獲得した。エバンスは来季もMスポーツが勢いづくと考えている。

 しかしすでに報じられた通りだが、Mスポーツの一員であるオット・タナクが来季トヨタへ移籍することが決定し、さらにオジェが夏頃からMスポーツと契約交渉を行っているため、来季のMスポーツのチーム編成が大きく変更される可能性がある。

 もしオジェがMスポーツを離脱した場合、チームを率いる準備ができているかどうかを訊くと、エバンスは次のように語った。

「彼がチームを離れないことを本当に願っている」

「僕は今季、彼(オジェ)とジュリアン(イングラシア/オジェのコ・ドライバー)と共に仕事をしてきたが、多くのことを彼らから学んだ。チームは今季中に多くの成果をあげることができたが、僕はチームが今後もっと前進することができると思っている」

「チームが大きく変革されてしまうのは残念だが、もし彼がチームに残留するのであれば、彼と一緒に再びチャンピオンになれるようにやっていきたい」

「僕がチームを率いることができるとは正直考えられなかった。オットと僕は2015年にそれをやり遂げたが、その時の僕たちは基本的に同じようなレベルで、比較的に経験の浅いドライバーだった」

「しかし、今は異なった状況にある。今の自分に自信があるとは言えないが、違った意味での自信はあるんだ。だから僕は(オジェがチームを離脱したとしても)大きな問題だとは考えないだろう。しかし、前にも言ったように彼がチームを離れないことを願っている」

 Mスポーツのチーム代表であるマルコム・ウイルソンは、ラリー・オーストラリア前にオジェの進退に関するニュースがあるとは期待していないと語った。

「彼がチームを離脱することに対し、恐れを感じていないとは言い切れない。何をすべきなのかも、どこに行くべきなのかも理解している。今懸命にそれを取り組んでいるところだ。今週もまだ会議が残されており、オーストラリア前に物事が片付くとは思っていない」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
ドライバー エルフィン エバンス , セバスチャン オジェ
チーム M-スポーツ
記事タイプ 速報ニュース