F1
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
45 days

ピレリ、WRCタイヤテスターに元トヨタのミーク、ラトバラらの起用を検討

シェア
コメント
ピレリ、WRCタイヤテスターに元トヨタのミーク、ラトバラらの起用を検討
執筆:
協力: Giacomo Rauli
2020/06/18 3:30

2021年からWRCにタイヤを供給するピレリは、テストドライバーとしてクリス・ミークやヤリ-マティ・ラトバラらの起用を検討している。

 ピレリは2021年から4年間、ミシュランに代わりWRCのタイヤを独占供給することになっており、現代WRCマシンをドライブした経験を持つドライバーをテスターに起用したがっている。

 起用が検討されているドライバーの候補は、昨年までトヨタに所属していたヤリ-マティ・ラトバラやクリス・ミーク、元ヒュンダイのヘイデン・パッドン、アンドレアス・ミケルセンだ。この4人は全員、2017年に導入された現行規格のWRCマシンをドライブした経験を持っている。

Read Also:

 ピレリのラリーアクティビティマネージャーであるテレンツィオ・テストーニは、「今年は世界選手権に参戦していない選手を起用する。それに加え、新型マシンの経験を持つドライバーが必要だ」と話した。

「まだ選ばなければならないが、候補のラインアップにはクリス・ミーク、ヤリ-マティ・ラトバラ、ヘイデン・パッドン、アンドレアス・ミケルセンなどの名前が含まれている」

「我々はFIAと共に選出を行なっている。いずれにせよ、現行マシンを知っているドライバーが必要だからだ」

「それらのマシンの主な特徴は空力負荷であり、空力の効果がいかに大きいかを知っているドライバーがいることが重要だ」

「空力は、我々があまり知らない側面なのかもしれないが、すでに昨年、現行マシンでタイヤをテストする機会はあった。最低限のノウハウはあるし、我々は自信を持っている」

 テストーニは、新型コロナウイルスの影響によりテストの開始が4月から7月に延期されたことを認めた。

「新型コロナウイルスのパンデミックに関連する状況により、我々は困難に陥り、全てが遅れることになった」

「4月末に最初のテストを行なう準備ができていた。しかし今、7月からテストを始めることができると確信している」

「ピレリはこれまで、ダートとアスファルトの両方のタイヤをサルディニアでテストしてきた。それにより、まず比較を行なうことができ、製品の良いところを理解できる。スペシャルステージで直接テストする理由も理解できる」

「そして、開発をスピードアップする上でも役に立つんだ」

Read Also:

次の記事
ラトビアで今季WRC開催の可能性? ヨーロッパ選手権との併催を検討中と判明

前の記事

ラトビアで今季WRC開催の可能性? ヨーロッパ選手権との併催を検討中と判明

次の記事

ベルギー、初のWRC開催へ協議中。実現すればスパ・フランコルシャンも走行か

ベルギー、初のWRC開催へ協議中。実現すればスパ・フランコルシャンも走行か
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
ドライバー クリス ミーク
執筆者 Stefan Mackley