WRCメキシコ:オジェが完全制覇で今季2勝目。タナク2位でランク首位堅持

シェア
コメント
WRCメキシコ:オジェが完全制覇で今季2勝目。タナク2位でランク首位堅持
2019/03/11 0:30

WRCラリー・メキシコの最終日が行われ、セバスチャン・オジェがパワーステージも制す完全優勝。トヨタのタナクが2位に入った。

 WRC第3戦ラリー・メキシコが行われ、シトロエンのセバスチャン・オジェが優勝。開幕戦に次ぐ今季2勝目をあげた。トヨタのオット・タナクは2位に入り、ランキング首位の座を堅持した。

 オジェはミッチ・エバンス(Mスポーツ・フォード)に対して27秒のリードを築き、ラリー・メキシコの最終日を迎えた。しかし3番手で最終日をスタートしたタナクが朝に行われたステージを連勝。その差が24.4秒に縮まり、最終のパワーステージを迎えた。

 オジェはこの最終パワーステージに全力で臨み、トヨタのクリス・ミークをわずか0.025秒だけ抑えてステージ優勝。最終的にはタナクに30.2秒の差をつけ、1イベントで獲得できる最大の30ポイントを手にした。

 これによりオジェの今季の獲得ポイントは61となり、ティエリー・ヌービルを抑えてランキング2位に浮上した。タナクは65ポイントで首位を堅持している。

 ヌービルは総合4位。最終パワーステージでは3位に入ったことでボーナスポイント3も獲得し、ランキング首位のタナクから10ポイント差にとどまっている。

 前を行くヌービル、そして後続のマシンとは大きな差がついた状態で最終日を迎えたトヨタのミークは、パワーステージで最大限のパフォーマンスを発揮するため、午前中のステージではタイヤをセーブ。オジェには敗れたものの、ボーナスポイント4を手にした。

 金曜日、オルタネーターのトラブルでデイリタイアとなったトヨタのヤリ-マティ・ラトバラは、ラリーに復帰し総合8位でフィニッシュした。

 ただラトバラは最終日にもトラブルに見舞われた。ラトバラは最終パワーステージのひとつ前のステージで、ラジエターを破損。そのラジエターを接着剤で固定し、フロントバンパーを外した状況でステージを完走した。ただラトバラはその修復作業に時間がかかったため、40秒のペナルティを受けた。

→WRC第3戦ラリー・メキシコ最終結果

次の記事
ラリー・スウェーデン4日目:トヨタのタナクが今季初V、パワーステージも制しランキング首位浮上

前の記事

ラリー・スウェーデン4日目:トヨタのタナクが今季初V、パワーステージも制しランキング首位浮上

次の記事

WRCフランス:劇的な結末。ヌーヴィル大逆転で今季初優勝。ランク首位に

WRCフランス:劇的な結末。ヌーヴィル大逆転で今季初優勝。ランク首位に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・メキシコ
ドライバー セバスチャン オジェ
チーム シトロエン・ワールドラリー・チーム
まずは最新ニュースを読む