F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
2 days
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
37 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
24 days

ヌービルがラリー・モンテカルロ初制覇! トヨタはオジェ、エバンスが表彰台

シェア
コメント
ヌービルがラリー・モンテカルロ初制覇! トヨタはオジェ、エバンスが表彰台
2020/01/26 12:42

2020年WRC開幕戦のラリー・モンテカルロは、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが優勝し、セバスチャン・オジェの連覇を6でストップさせた。

 2020年のWRC(世界ラリー選手権)開幕戦のラリー・モンテカルロ最終日が行なわれ、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が優勝した。

 全16のSS(スペシャルステージ)で構成されるラリー・モンテカルロ。最終日はSS13〜SS16が行なわれた。SS12を終了した時点では、エルフィン・エバンス、セバスチャン・オジェのトヨタ勢がワンツー体制を築き、ヌービルが僅差でそれを追いかけるという展開だった。

 そして最終日を迎え、トヨタ優勢の流れは一変する。午前中に行なわれたSS13、SS14では共にヌービルがトヨタ勢のタイムを上回り、首位に浮上した。

 一方のトヨタ勢はオジェがSS13、エバンスがSS15でタイムが伸びず。その結果、SS15を終えた時点で首位ヌービルがエバンスに11.1秒、オジェに12.6秒の差をつけ、最終パワーステージに向かうこととなった。

 パワーステージでは、エバンスが9分42秒2というタイムを記録すると、ヌービルとオジェは共に9分39秒0と、コンマ1秒単位まで同じタイムをマークした。結果的にステージ優勝はヌービルのものとなり、この瞬間、オジェのラリー・モンテカルロ連覇は6でストップ。ヌービルが嬉しい同ラリー初制覇を果たし、ヒュンダイ陣営は歓喜に包まれた。

 オジェはパワーステージでエバンスを3秒2上回ったことで、総合2位を手にした。3位はエバンスで、トヨタは2台を表彰台に送り込んだ。

 トラブルが多発したMスポーツ勢の中で孤軍奮闘したエサペッカ・ラッピは4位。このラリーがトヨタ・ヤリスWRCでのデビュー戦となったカッレ・ロバンペラが5位に続いた。

 3日目を終えた段階で4番手につけていたセバスチャン・ローブ(ヒュンダイ)だが、最終日のSS14でコースを外れマシンがスタックしてしまった。幸い観客によってコースに押し戻されたものの、20秒以上をロスして5番手に。その後のステージでもペースが上がらず、最終的に6位でラリーを終えた。

 4台目のトヨタ・ヤリスWRCを駆る勝田貴元は7位でフィニッシュ。優勝したヌービルとは11分27秒差、6位ローブとは6分23秒差だった。

 なお、SS4で大クラッシュを喫しリタイアとなった前年王者のオット・タナク(ヒュンダイ)は、無念のノーポイント。連覇に向けて、厳しい船出となってしまった。

Read Also:

次の記事
WRCモンテカルロ3日目:エバンス首位。オジェ、ヌービルとの三つ巴で最終日へ

前の記事

WRCモンテカルロ3日目:エバンス首位。オジェ、ヌービルとの三つ巴で最終日へ

次の記事

「素晴らしいシーズンスタート」豊田総代表、WRC開幕戦ダブル表彰台に感謝

「素晴らしいシーズンスタート」豊田総代表、WRC開幕戦ダブル表彰台に感謝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント Rally Monte Carlo
サブイベント Day 4
ドライバー エルフィン エバンス , セバスチャン オジェ , ティエリー ヌービル
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ