ヒュンダイ、WRCテスト再開もヌービルが大クラッシュ。走行を1日で切り上げ

ヒュンダイのティエリー・ヌービルは、3月のラリー・メキシコでWRCシーズンが中断されて以来、初のテストに臨んだが、大クラッシュを喫してしまったようだ。

ヒュンダイ、WRCテスト再開もヌービルが大クラッシュ。走行を1日で切り上げ

 新型コロナウイルスの影響で、短縮開催となった3月のラリー・メキシコを最後に、シーズンが中断されているWRC。シーズン再開に向けて、テスト禁止期間明けからヒュンダイがテストを行なったものの、思わぬアクシデントに見舞われたようだ。

 4月の初め、FIAはコロナウイルスの感染が広がる中でテストを実施し、不当にアドバンテージを得ることがないよう、5月30日までメーカーがテストするのを禁止した。

 その禁止期間が終了したことから、ヒュンダイはフィンランドで2日間のテストを実施し、ティエリー・ヌービルがステアリングを握った。

 しかしテスト初日、ヌービルは高速セクションで道を外れてしまったようだ。彼のヒュンダイi20 WRCは回転し、車両左側から着地したという。

 ヌービルも、コドライバーのニコラ・ジルスールもこの事故で負傷せずに済んだが、車両の損傷は大きく、ヒュンダイはテストを1日で切り上げることになった。チームは現在、拠点のあるドイツ・アルゼナウに戻っている。

 ヒュンダイ・モータースポーツの広報担当は、2回目のテストは予定されていないとしている。

Read Also:

シェア
コメント
M-スポーツ、新規定の2022年WRCカー開発に自信。少数のスタッフで作業進める

前の記事

M-スポーツ、新規定の2022年WRCカー開発に自信。少数のスタッフで作業進める

次の記事

トヨタ、GRヤリスベースの新型WRC車両の来季導入を断念。現行ヤリスを継続使用

トヨタ、GRヤリスベースの新型WRC車両の来季導入を断念。現行ヤリスを継続使用
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
ドライバー ティエリー ヌービル
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ
執筆者 Giacomo Rauli