ヌービル、シェイクダウンで横転。ラリー・カタルーニャ最悪の幕開け

シェア
コメント
ヌービル、シェイクダウンで横転。ラリー・カタルーニャ最悪の幕開け
執筆: David Evans
2018/10/25 23:11

WRCポイントリーダーのヌービルは、ラリー・カタルーニャのシェイクダウンで横転を喫してしまった。

Crash of Thierry Neuville, Nicolas Gilsoul, Hyundai New i20 WRC, Hyundai Motorsport
Crash of Thierry Neuville, Nicolas Gilsoul, Hyundai New i20 WRC, Hyundai Motorsport
Crash of Thierry Neuville, Nicolas Gilsoul, Hyundai New i20 WRC, Hyundai Motorsport
Thierry Neuville, Hyundai New i20 WRC, Hyundai Motorsport after his his crash in the service

 WRC第12戦ラリー・カタルーニャのシェイクダウンが行われたが、ヒュンダイのティエリー・ヌービルのマシンが横転するクラッシュを喫した。

 ヌービルは約1.9kmほどの区間の序盤、右コーナーで轍に足を取られて横転。マシンはひっくり返った状態で停止した。このクラッシュによりシェイクダウンの走行は一時中断となった。

「直角の右コーナーだった」と、ヌービルはクラッシュについてmotorsport.comに語った。

「マシンが浮き上がり始めたので、アウト側にステアリングを切った。でもそれでタイヤが轍にはまってしまい、マシンが回転してしまった。マシンのスピードはかなり遅かった」

 この日の夕方にはバルセロナでSS1が行われるが、マシン修復は間に合う見込みであり、週末のパフォーマンスには影響しないと、ヌービルは考えている。

「何も影響はない。チームのみんながマシンを直して、良いスタートが切れるようにしてくれている。フロントガラスやステアリングアーム、それから多分ラジエーターにダメージを負った」

「もう一度シェイクダウンで走ることはできないけど、これが本当のシェイクダウンだというわけではないから問題ない」

 シェイクダウントップはランキング2位のセバスチャン・オジェ(M-スポーツ・フォード)。トヨタのヤリ-マティ・ラトバラが2番手につけた。

次の記事
トヨタWRC、2019年のドライバーラインアップ発表。クリス・ミーク加入

前の記事

トヨタWRC、2019年のドライバーラインアップ発表。クリス・ミーク加入

次の記事

WRCカタルニア:絶対王者復活。ローブ、5年半ぶりWRC優勝。通算79勝目

WRCカタルニア:絶対王者復活。ローブ、5年半ぶりWRC優勝。通算79勝目
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・カタルーニャ
サブイベント Shakedown
ドライバー ティエリー ヌービル
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ
執筆者 David Evans
記事タイプ 速報ニュース