ラリージャパン2022、WRCシーズン最終戦の開催へ。2022年シーズンは全13戦を予定

2022年のFIA世界ラリー選手権の日本ラウンド「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」の開催日程が11月10日~13日に決定した。

ラリージャパン2022、WRCシーズン最終戦の開催へ。2022年シーズンは全13戦を予定

 FIA世界ラリー選手権(WRC)の2022年シーズン開催日程が決定し、ラリージャパンは11月10日(木)~11月13日(日)にかけて行なわれることとなった。

 2020年、10年ぶりに日本でWRCが開催される予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックにより開催中止。改めて2021年11月の開催を目指して準備が進められていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2年連続で中止となっていた。

 10月15日、世界モータースポーツ評議会(WMSC)が開いた会合で、WRCの2022年シーズンの全13戦からなるカレンダー案が承認・公表された。ラリージャパンは、シリーズ最終戦となる第13戦、11月10日~13日開催に予定されている。

 ラリージャパン事務局は、来シーズンの「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」開催概要について11月に発表を予定しているとコメントしている。

 なお2022年シーズンのWRCの開催カレンダーは、1月20日に伝統のモンテカルロで幕を明ける予定。ラリージャパンと同じように2020年にカレンダーに復帰するはずだったものの、新型コロナの影響で中止が続いていたラリー・ニュージーランドも第11戦に開催予定だ。

 また第9戦は現時点では確認中(TBC)となっている。

 WRCは2022年シーズンで、開催50周年の節目。来シーズンからはマシンがハイブリッド化される新規定が導入される。新世代のマシンで、久しぶりのラリージャパン開催を迎えることとなる。

2022WRC開催カレンダー

第1戦 1月20~23日 モンテカルロ
第2戦 2月24~27日 スウェーデン
第3戦 4月21~24日 クロアチア
第4戦 5月19~22日 ポルトガル
第5戦 6月2~5日 イタリア
第6戦 6月23~26日 ケニア
第7戦 7月14~17 エストニア
第8戦 8月4~7日 フィンランド
第9戦 8月18~21 TBC
第10戦 9月8~11日 ギリシャ
第11戦 9月29日~10月2日 ニュージーランド
第12戦 10月20~23日 スペイン
第13戦 11月10~13日 日本

 

Read Also:

シェア
コメント
エバンス、今季2勝目。トヨタ豊田社長「日本が中止になったので、もうひとつのホームラリーでなんとしても勝ちたかった」
前の記事

エバンス、今季2勝目。トヨタ豊田社長「日本が中止になったので、もうひとつのホームラリーでなんとしても勝ちたかった」

次の記事

WRCスペイン:ヌービルが今季2勝目。タイトル決定は最終戦のモンツァに持ち越し

WRCスペイン:ヌービルが今季2勝目。タイトル決定は最終戦のモンツァに持ち越し
コメントを読み込む