オジェ、トヨタ新型GRヤリス開発に協力。2022年はWRCフル参戦せずも「できる限りチームを助けたい」

セバスチャン・オジェは、WRCフル参戦を終了する来季のモータースポーツ活動に関わらず、トヨタの2022年WRCマシン開発にできる限り協力する予定だという。

オジェ、トヨタ新型GRヤリス開発に協力。2022年はWRCフル参戦せずも「できる限りチームを助けたい」

 7度のWRC(世界ラリー選手権)王者であり、今季もランキングをリードするセバスチャン・オジェ(トヨタ)。しかし彼は、結果に関わらず今季限りでWRCフル参戦を終了する予定となっている。

 WRCは2022年から、ハイブリッドシステムを搭載する新時代に突入する。オジェは一部のイベントに参戦する意向ではあるものの、WEC(世界耐久選手権)に参加する可能性も示唆しており、来年もトヨタに留まることを希望している。

Read Also:

 具体的な2022年活動計画は決まっていないものの、オジェはトヨタの新しいGRヤリスWRCをテストし、チームが2022年を戦うマシンを開発する上で、自分の知識を提供するつもりだと語った。

 トヨタやヒュンダイ、M-スポーツは2022年に向けてハイブリッドマシンの開発を進めている。現時点では、元WRCドライバーでトヨタのテストドライバーを務めているユホ・ハンニネンが、新型GRヤリスをドライブした唯一のドライバーとなっている。

「もちろん、どこかの時点で僕もクルマをテストすると思う。自分の意見を伝えて、僕の経験でチームを助けようともしている。僕の計画はこのチームに留まることであり、来年何をするにしても、できる限りチームを助けたいと思っているからね」

 そうオジェは語った。

「間違いなく僕はテストをするつもりだけど、今のところそれに関して日程は決まっていない」

「僕の記憶が正しければ、現時点でこのクルマを運転したことがあるのはユホだけだと思う」

「チームは懸命に働いていると思うし、この新技術にはやるべきことがたくさんある。来年のシーズンに向けて、チームにとっては忙しい6ヵ月になると思う」

 TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamの代表であるヤリ-マティ・ラトバラは、新マシンの開発は予定通りに進んでおり、今後数週間でさらなるテストが予定されていると述べている。

「我々はハイブリッドユニットを使ったテストに取り組んでおり、ミュールカーでは全てが計画通りに進んでいる」とラトバラは述べた。

「近い将来、フルスペックのマシンを走らせる準備ができるはずだ」

Read Also:

シェア
コメント
WRCエストニア:カッレ・ロバンペラが最年少優勝果たす。タイトル争いはオジェが変わらずリード

前の記事

WRCエストニア:カッレ・ロバンペラが最年少優勝果たす。タイトル争いはオジェが変わらずリード

次の記事

JAF、2022年のFIA国際スポーツカレンダー登録申請一覧を発表。F1日本GPとWEC富士は現状同日程での申請に

JAF、2022年のFIA国際スポーツカレンダー登録申請一覧を発表。F1日本GPとWEC富士は現状同日程での申請に
コメントを読み込む