セバスチャン・オジェ、レッキ中の交通事故でラリー・ポーランド欠場。ロバンペラが代役出場へ

WRCラリー・ポーランドのレッキ中にセバスチャン・オジェとコ・ドライバーのヴァンサン・ランデは交通事故に遭った。彼らは重傷は避けられたようだが、イベントは欠場することになった。

Sébastien Ogier, Toyota Gazoo Racing WRT

Sébastien Ogier, Toyota Gazoo Racing WRT

写真:: McKlein / Motorsport Images

 トヨタから世界ラリー選手権(WRC)に参戦しているセバスチャン・オジェは、第7戦ラリー・ポーランドに向けたレッキ中に交通事故に遭ってしまった。

 メディカルチェックのため、オジェとコ・ドライバーのヴァンサン・ランデは病院に搬送された。トヨタはクラッシュに巻き込まれた全員が重傷を免れたことを認めたが、オジェとランデのペアはラリー・ポーランドを欠場することになった。

 オジェとランデはGRヤリスをドライブしていたが、1台しか通れない狭い区間で一般車と衝突。この車の運転手と同乗者も病院に搬送されている。

 この事故は、オジェにとって今季5戦目となるはずだったラリー・ポーランドのステージ10とステージ14を構成するゴルダップ・スペシャルステージに向けて、ペースノートを準備している最中に発生した。

 トヨタは、以下のように声明を発表した。

「Toyota Gazoo Racing WRTのクルーであるセバスチャン・オジェとヴァンサン・ランデは、火曜日の朝ラリー・ポーランドのレッキ中に交通事故に遭い、病院で検査を受けた」

「もう1台の車両の乗員2名(一般市民)も病院で診察を受けた。この事故は、オジェとランデが今週土曜日のSS10とSS14を構成するゴルダップ・スペシャルステージの準備をしている最中に発生した」

「オジェとランデは、ラリーのレッキで使うロードカーを走らせていた。すべてのレッキ車にはGPSが搭載されており、スピードは設定された制限の範囲内だった」

「関係者は全員、スキャンを受けたが、大きな怪我はなかった。ランデは退院したが、オジェは一晩医学的な経過観察を受けており、イベントには参加できない」 

「関係者全員の安全と健康がチームの最優先事項であることに変わりはない。これと並行して、チームは代役に関する選択肢を検討しており、追って最新情報を提供する予定だ」

 そしてトヨタは、2年連続でWRC王者に輝き、今季はオジェとマシンをシェアする形でパートタイム参戦しているカッレ・ロバンペラを起用することを要請。FIAスチュワードもこれを承認した。なおロバンペラ組にもレッキを行なう時間が与えられている。

「スチュワードは、17号車セバスチャン・オジェ/ヴァンサン・ランデのクルーをカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルトゥネンに変更し、カーナンバーを69に変更することを承認する」

「スチュワードは、カーナンバー69のカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルトゥネンのクルーに対し、2回のレッキ通過を許可する」

 トヨタも以下のように声明を発表した。

「チームメイトのセブとヴィンセントの代役として、カッレ・ロバンペラとヨンネ・ハルトゥネンがラリー・ポーランドに参戦することを嬉しく思う。チャレンジに立ち上がり、チームの素晴らしいスピリットを示すことができた」

 ロバンペラにとって今回のポーランドは、スウェーデン、ケニア、ポルトガルに続く今季4戦目。サファリ・ラリー・ケニアではすでに勝利を味わっている。

 ロバンペラは自身のインスタグラムに次のように投稿している。

「任務の呼び出し。ラリー・ポーランドに行くぞ」

 

前の記事 オジェ、ダカール参戦に興味ナシ。ル・マン24時間には「また戻りたいという気持ちが強くなった」
次の記事 今週は湖に繰り出す気マンマンだった……オジェの代役で急遽ラリー・ポーランド参戦のロバンペラ、準備不足は否めず「かなり厳しい」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本