F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

ハイブリッド時代の到来が迫るWRC。2023年以降に新たなメーカーが参入する可能性も?

FIAのラリー・ディレクターであるイブ・マットンは、2022年にWRCにハイブリッドカーを導入した後、自動車メーカーを1社呼び込める可能性があると語ったが、それは2022年ではないという。

ハイブリッド時代の到来が迫るWRC。2023年以降に新たなメーカーが参入する可能性も?

 世界ラリー選手権(WRC)には2022年に新たなレギュレーションが導入される。現行マシンで使われている1.6リッターのターボエンジンは引き継がれ、標準の電気モーターと組み合わせることでハイブリッドマシンになる予定なのだ。

 昨年3月の入札で、ハイブリッドシステムはドイツのコンパクト・ダイナミクス社が供給することが決定。これにより、WRC全体のコスト抑制と均一化を確保することができる。

Read Also:

 この新規則は、WRC参入を目指す自動車メーカーにとってより魅力的なモノになることを目指して作られたが、FIAのラリーディレクターであるイブ・マットンは、2022年に新たなメーカーが参入することはないと認めている。

 彼はその主な理由として、新型コロナウイルスによる健康被害とそれに伴う経済的な混乱を挙げている。

「ラリー1の新たなレギュレーションは、可能な限りアクセスしやすいものにすることを念頭に置いて書かれている」

 マットンはそうmotorsport.comに語った。

「持続可能性、安全性、アクセシビリティは、開発における重要な柱のひとつだ」

「パンデミックの影響で、多くの人々が計画の調整を余儀なくされていることは間違いない。しかし今回のレギュレーションは、世界中のより多くのメーカーが、ブランドを発展させるための素晴らしい方法として、WRC参入を検討できるようなものになっていると確信している」

「次のホモロゲーションサイクルが終わる(2024年)までに、もう1社メーカーが増える可能性はあるが、それは2022年ではないだろう」

 現在WRCに参戦しているチームのうち、次のホモロゲーションサイクルが終わる2024年末までシリーズに参戦することを公言しているのは2チーム。彼らはWRCの関係者やFIAと、次世代のレギュレーションを検討していくことになる。

 2017年にWRCに復帰したトヨタは、来たるハイブリッド時代を全面的にサポート。M-スポーツもフォードとの関係を継続する事になっている。

 ヒュンダイ・モータースポーツは参戦継続の意向をまだ明らかにしていないが、チーム代表のアンドレア・アダモは先日、ヒュンダイが新レギュレーションに合意することについて「楽観的だ」とコメント。マットンもそれを歓迎している。

「ヒュンダイは今、WRCの重要な部分を占めている。彼らは強力なコンペティターとしての地位を確立しており、WRCを語る上で重要な存在だ」

「また、2022年に向けて3つのメーカーを確保できると確信している」

「ハイブリッドカーの導入は、2022年のマニュファクチャラーの契約を得るための鍵となった。このことについては、近い将来、さらに詳しくお伝えする予定だ」

 

Read Also:

シェア
コメント
トヨタ、2022年のWRC新型車両は夏頃にテストか。チーム代表のラトバラも自らドライブ?

前の記事

トヨタ、2022年のWRC新型車両は夏頃にテストか。チーム代表のラトバラも自らドライブ?

次の記事

トヨタ・ヒュンダイ・M-スポーツ、WRCのハイブリッド新世代ルールに合意。3チームが少なくとも3年継続参戦

トヨタ・ヒュンダイ・M-スポーツ、WRCのハイブリッド新世代ルールに合意。3チームが少なくとも3年継続参戦
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
執筆者 Jason Craig