F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

ポルトガル2日目:タナク、トラブル乗り越え首位を維持。ラトバラがデイリタイア

シェア
コメント
ポルトガル2日目:タナク、トラブル乗り越え首位を維持。ラトバラがデイリタイア
執筆:
2019/06/02 0:38

WRC第7戦ラリー・ポルトガルの競技2日目、トヨタのオット・タナクが総合トップを維持した。

 WRC第7戦ラリー・ポルトガルの競技2日目が行われ、トヨタのオット・タナクがトラブルに見舞われながらも、首位をキープした。

 総合2位のヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ)に17.3秒差をつけて2日目の競技に臨んだタナクは、オープニングステージのSS8でブレーキシステムに問題が発生。SS8でベストタイムを記録したクリス・ミーク(トヨタ)の9秒遅れとなった。

 しかしリエゾン(移動区間)で応急処置を施し、問題を解決したタナクは午後1本目のSS11でトップタイム。しかしこの日最後のSS13でサスペンションに不具合が発生してしまった。それでも12秒ほどのタイムロスに留め、総合2番手につけたミークに4.3秒差でトップを維持した。

 ラトバラは、2日目も好調を維持しタナクとの差を詰めていたものの、サスペンショントラブルを抱え、SS13を前にデイリタイア。ラリー2規定に基づき、走行3日目に再出走することになった。

 ラトバラの上位戦線離脱で総合3番手に浮上したのは、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)。安定して好タイムを記録し、SS12、13ではトップタイムをマークし、ミークと4.9秒差になっている。

 ポイントリーダーのセバスチャン・オジェ(シトロエン)は総合4番手。一時はヌービルと1.9秒差まで迫ったものの、最終的にヌービルと11.8秒差で2日目を終えた。

WRCラリー・ポルトガル 2日目総合順位(SS13終了時点)

Pos. Driver Car Time/Gap
1 EST オット・タナク Toyota 2:47:23.1
2 GBR クリス・ミーク Toyota +4.3
3 BEL ティエリー・ヌービル Hyundai +9.2
4 FRA セバスチャン・オジェ Citroen +21.0
5 FIN エサペッカ・ラッピ Citroen +1:37.5
6 FIN ティーム・スニネン Ford +2:02.7
7 GBR エルフィン・エバンス Ford +6:10.4
次の記事
WRCポルトガル初日:トヨタのヤリスが快調。トップ3独占の好発進

前の記事

WRCポルトガル初日:トヨタのヤリスが快調。トップ3独占の好発進

次の記事

WRCポルトガル:トヨタのタナク今季3勝目。ミークが最終SSでまさかのクラッシュ

WRCポルトガル:トヨタのタナク今季3勝目。ミークが最終SSでまさかのクラッシュ
コメントを読み込む