F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
14 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
7 days

ラリーGB:トヨタのタナク、フルポイントで6勝目。タイトル獲得へ大きな一歩

シェア
コメント
ラリーGB:トヨタのタナク、フルポイントで6勝目。タイトル獲得へ大きな一歩
執筆:
, Writer
2019/10/06 14:13

WRC第12戦ラリー・グレートブリテンは、トヨタのオット・タナクが総合優勝。パワーステージもトップとなり、30ポイントを稼いだ。

 FIA世界ラリー選手権(WRC)の第12戦、ラリー・グレートブリテン(GB)が行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナクが今季6勝目を飾り、チャンピオンシップのリードを28ポイントに広げた。

 競技初日のオープニングステージはトップと8.8秒差の13番手発進となったタナクだが、デイ2からは完璧な走りを披露。雨で泥状となった道を快走し、4ステージでベストタイムを記録し、総合首位に浮上した。

 タナクはデイ3でSS2番手タイムを5回、ベストタイムを1回記録する抜群の安定感を見せた。タナクにとって唯一の懸念は、この日の午後の走行でリヤバンパーがダメージを受けて外れてしまったこと。ノイズが大きくなり、コドライバーのマルティン・ヤルヴェオヤがペースノートを読み上げる声が聞こえづらくなってしまったが、タイムには大きな影響が出なかった。

 タナクは総合2番手につけるティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)に11秒差をつけて競技最終日を迎えた。

 この日最初のSS18でベストタイムを叩き出したタナクは、ヌービルを9.5秒リードし最終パワーステージに臨んだ。タナクはここでも攻め、なんとパワーステージでトップタイムをマーク。ボーナスポイント5点と合わせ、一気に30ポイントを稼いだ。

 ヌービルはパワーステージ5位で総合2位、シトロエンのセバスチャン・オジェがパワーステージ2位で総合3位となった。タイトルを争う3台がしっかりと上位3台につけたが、中でもタナクが最後に圧巻の走りを見せ、タイトル争いのリードを28ポイントに広げた。

 総合4位はトヨタのクリス・ミーク。マニュファクチャラーズタイトル争いにおいて重要な上位フィニッシュを果たし、トヨタはヒュンダイとのポイント差を8に縮めた。

順位 ドライバー/コ・ドライバー クルマ 合計タイム 前車との差 ポイント
1 Estonia オット タナク
Estonia マルティン ジェルペオジャ
Toyota Yaris WRC 3:00'58.0     25
2 Belgium ティエリー ヌービル
Belgium ニコラス ジルソウル
Hyundai i20 Coupe WRC 3:01'08.9 10.9 10.9 18
3 France セバスチャン オジェ
France ジュリアン イングラシア
Citroën C3 WRC 3:01'21.8 23.8 12.9 15
4 United Kingdom クリス ミーク
United Kingdom Sebastian Marshall
Toyota Yaris WRC 3:01'33.6 35.6 11.8 12
5 United Kingdom エルフィン エバンス
United Kingdom スコット マーティン
Ford Fiesta WRC 3:01'46.6 48.6 13.0 10
次の記事
ラリージャパン、10年ぶり復活! 2020年11月に開催決定

前の記事

ラリージャパン、10年ぶり復活! 2020年11月に開催決定

次の記事

元三菱WRCチームの代表、アンドリュー・コーワンが死去。享年82歳

元三菱WRCチームの代表、アンドリュー・コーワンが死去。享年82歳
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリーGB
ドライバー オット タナク
チーム Toyota Motorsport GmbH
執筆者 Alasdair Lindsay