F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

トヨタ、2022年のWRC新型車両は夏頃にテストか。チーム代表のラトバラも自らドライブ?

トヨタのWRCチームは、2022年から導入されるハイブリッドシステムを搭載した“ラリー1”マシンを今夏までに走らせることを目指しているようだ。

トヨタ、2022年のWRC新型車両は夏頃にテストか。チーム代表のラトバラも自らドライブ?

 WRC(世界ラリー選手権)に参戦するTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは現在、2022年に導入されるハイブリッドシステム搭載の新規則、“ラリー1”のマシン開発を、GRヤリスをベースに進めている。

Read Also:

 この最新プロジェクトに関してはMスポーツも大きな期待を寄せており、ヒュンダイ・モータースポーツもヒュンダイ社が2022年以降のモータースポーツ計画を確定させていないにも関わらず、新型車両の開発に着手している。

 トヨタのテクニカルディレクターを務めるトム・ファウラーは、ラリー1車両の開発状況について次のようにコメントした。

「2022年のラリー1カーに関しては、現時点でほとんどが設計段階にあり、いくつかは製造作業が始まっている」

「我々はまずテスト用のミュールカーを走らせ、そこに2022年用のパーツを搭載することになるだろう。それは完全なものではないし、正しいシャシーというわけではない」

「ミュールカーでのテストの後、我々は完成したマシン、つまり完全なパッケージのマシンを夏の間に走らせることを期待している」

 またチーム代表を務めるヤリ-マティ・ラトバラは、ミュールカーを使った最初のテストについて、長らくトヨタの開発ドライバーを務めるユホ・ハンニネンが担当することになるだろうと語った。

「我々にはユホ・ハンニネンというテストドライバーがいて、チームには3人の素晴らしいドライバーがいる」とラトバラ。

「セバスチャンに関しては異なるメーカーでタイトルの獲得経験があり、計7度チャンピオンになっている。知識もあるし、スキルもある」

「彼が持つスキルを活用して、マシンに対する彼の意見を聞くことは、我々にとって非常に重要なことであるのは間違いない」

「世界ラリー選手権に新たな時代がやってくるのを見られることはとてもエキサイティングだ。総合的に考えて、ハイブリッドは良いコンセプトだ」

「私が思うに、ラリーの世界では完全電動化はかなり難しい。全てのステージと全てのロードセクションでそれを機能させるというのは、難しいコンセプトだ」

 ラトバラは、トヨタのWRCチームの運営がトミ・マキネン・レーシングからTOYOTA GAZOO Racing Europeに変わったことを受け、マキネンの後任として今季からチーム代表を務めている。2019年までトヨタからWRCにフル参戦していたラトバラは、ハイブリッド規則を理解するために開発モデルを試乗したいと考えているようだ。

「私がそれほどテストをするとは思っていないが、どこかのタイミングで乗ってみたいと思っている。そして新しいレギュレーションが過去のものと比べてどう違うのか、理解したり感じ取ったりしたいんだ」

「私は過去20年にわたって様々なマシンをドライブしてきたので、未来のマシンがどのようなものなのか知りたい。基本的に、ドライバーが(技術者にフィードバックをする際に)話していることは理解できると思う」

「しかし最初のテストでは、ユホのドライブによって、全てが機能する良いコンセプトのマシンに仕上げなければいけない。それから、メインのドライバーたちと一緒に微調整を始めることになる」

 

Read Also:

シェア
コメント
勝田貴元WRCで2戦連続の6位「もっと良い結果を期待していた」

前の記事

勝田貴元WRCで2戦連続の6位「もっと良い結果を期待していた」

次の記事

ハイブリッド時代の到来が迫るWRC。2023年以降に新たなメーカーが参入する可能性も?

ハイブリッド時代の到来が迫るWRC。2023年以降に新たなメーカーが参入する可能性も?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
執筆者 Jason Craig