WRC

トヨタの若手育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに

これまで多くのドライバーを輩出してきたトヨタの若手育成プログラムが大きく見直され、レースではWEC、ラリーではWRCを目指すものに変更された。

 TOYOTA GAZOO Racingは2月7日に発表した2020年のモータースポーツ活動計画の中で、若手ドライバー育成プログラムの仕組みを大きく変更することを明らかにした。

 これまでは国内外のレースやラリーの舞台で活躍できる日本人ドライバーを育成するため、TGRラリーチャレンジプログラム、WECチャレンジプログラム、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム(TDP)、フォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)などが存在したが、2020年からはこれらの活動を一本化し“TGRドライバー・チャレンジ・プログラム(TGR-DC)に統合される。

 具体的には、これまでのFTRSが担っていた部分がTGR-DCレーシングスクールとなり、そこからFIA-F4に参戦するスカラシップドライバーや国内ラリーに参戦する若手ドライバーを選出する。

 これまではTDPとして全て同じ枠で育成プログラムを行なっていたが、2020年からはレース部門とラリー部門に分け、ラリードライバーの育成に特化したプログラムも新設されることになった。

 最終的に育成枠の中から選ばれたドライバーが、4輪レースにおいては「WECチャレンジプログラム」、ラリーでは「WRCチャレンジプログラム」として、それぞれのカテゴリーに挑戦していくことになる。

 2020年はWECチャレンジプログラムのドライバーに山下健太が選ばれ、すでにドイツに拠点を移してレースに向けて準備を進めている。一方WRCチャレンジプログラムには勝田貴元が選出。すでに今季のWRC開幕戦ラリー・モンテカルロにはヤリスWRCで参戦し果敢な走りをみせた。

 この世界最高峰の舞台を目指すTGR-DCの2020年育成ドライバーとしては坪井翔、宮田莉朋、小高一斗が選ばれた。

Read Also:

前の記事

”雪不足”に苦しむWRCラリー・スウェーデン、8ステージ短縮で開催へ

次の記事

トヨタWRC、2021年マシンのテストを早くも開始。GRヤリスがベース

最新のビデオ

新着ニュース一覧

Motorsport Network

アプリをダウンロード