WRCスウェーデン:トヨタ1-2を占め、初日を好発進。オジェは9番手

WRC第2戦ラリー・スウェーデンが開幕し、トヨタのオット・タナクとヤリ-マティ・ラトバラが1-2位で初日を終えた。

 世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリー・スウェーデンが開幕し、トヨタのオット・タナクとヤリ-マティ・ラトバラが1-2位で初日を終えた。

 2月15日(木)、日中に3本のシェイクダウンが行われた後、現地時間20時よりWRC第2戦ラリー・スウェーデンのSS1の走行がスタートした。なお木曜日に行われたのは、1.90kmに及ぶスーパーSS1の走行のみである。

 2018シーズンの開幕戦ラリー・モンテカルロで2位表彰台を獲得したタナクは、スウェーデンのSS1をトップタイムで終え好発進を切った。

 2番手はタナクから0.3秒差のラトバラ、3番手はシトロエンのC3 WRCを駆るマッズ・オストベルグだった。彼は今回のラリー・スウェーデンにシトロエンからスポット参戦している。

 シトロエンのレギュラードライバーであるクリス・ミークは4番手。ヒュンダイ勢のアンドレアス・ミケルセンとティエリー・ヌービル、ヘイデン・パッドンがそれぞれ5~7番手を占めている状況だ。

 トヨタのエサペッカ・ラッピは1-2番手に位置する同僚たちから約2秒遅れて8番手、Mスポーツのセバスチャン・オジェは9番手となった。

 なお今回、シュコダ・ファビアR5でラリー・スウェーデンにスポット参戦している世界ラリークロス選手権チャンピオンのヨハン・クリストファーソンは16番手で初日を終えている。

WRC第2戦ラリー・スウェーデン初日の結果

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・スウェーデン
記事タイプ ステージレポート