WRCトヨタ、参戦初年度を報告。"学びの年"を実感「来季はタイトルを」

11月23日(木)、TOYOTA GAZOO RacingはWRC2017年シーズン報告会を開催し、参戦初年度を振り返ると共に来季の意気込みを語った。

 11月23日(木)、TOYOTA GAZOO RacingはWRC2017年シーズン報告会を開催し、参戦初年度を振り返ると共に来季の意気込みを語った。

 先週開催されたWRC最終戦ラリー・オーストラリアをもって今季のスケジュールを全て終えたTOYOTA GAZOO Racing WRT。チーム代表であるトミ・マキネン、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組がファン及びメディア向けに開催されたシーズン報告会に参加するために来日した。

 まずはTOYOTA GAZOO Racing Companyの代表である友山茂樹氏が、18年ぶりのWRC参戦に至るまでの経緯について明かした。

「3年前の春、モリゾウこと豊田章男社長がトミ・マキネンのファクトリーでラリーカーを見た時からこのプログラムは始まりました。その後すぐに2017年参戦復帰を謳い、チーム作りを開始したのです」

「初めはチームのイニシアチブをトヨタとマキネンチームどちらが取るのか、という話し合いからスタートしましたが、最終的な歩み寄りにより、マキネンがチーム代表、トヨタがエンジン開発をそれぞれ担当することが決定しました。そこからクルマを『走らせ、壊し、改善すること』を繰り返し、一心同体となって非常に厳しい全てのプログラムをこなしました。今考えるとそのようなプロセスは全て重要なものだったのだと思います」

「参戦をスタートしてからも、改めてWRCの厳しさを感じました。しかし、今シーズンは"学びの年"であるとシーズン前に宣言していたのにもかかわらず、トヨタは期待以上の結果を出すことができたと思います。最終戦ではラトバラが表彰台寸前でクラッシュを喫しましたが、チームはそのようなエキサイティングなトップ争いができるようになりました」

 さらに友山氏は来季のドライバーラインアップを紹介。ラトバラ組とラッピ組、さらに来季よりオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組がチームに加入することで、トヨタは3台体制で開幕戦ラリー・モンテカルロに挑む。

「モンテカルロよりタナク/ヤルヴェオヤ組がチームに加入します。強力な体制を築き、年間タイトルを狙います」と友山氏は強調した。

TOYOTA GAZOO Racingの強み

 今季のトヨタは、ラトバラがシーズン序盤で開催されたラリー・スウェーデン、ラッピが母国戦ラリー・フィンランドでそれぞれ優勝を果たし、参戦復帰初年度にしては上々の成績を残した。"学びの年"として各イベントで経験を積み、データを収集を十分に行えたと語るトヨタ陣営。来シーズンへの期待は大きい。

 チーム代表のマキネンは今シーズンを次のように総括した。

「今シーズンは"学びの年"であり、非常にタフでした。全てが初めての体験となり、学びとなりました。しかし、この1年でデータを収集し分析をすることができました。モンテカルロとスウェーデン、フィンランドはもともと自信がありましたし、成績も良かったと思います。1年目にしては上出来でした」

「その根底にあるのは、チームとトヨタ、パートナーとの連携ができていたということでした。この協力体制をしっかりと敷くことができたことは非常に大きいところです」

「さらに今シーズンは初めての道を何のデータもなく走ったので、コンスタントに結果を出すことができなかったと思いますが、この1年で経験を積むことができたので、来年は期待できると思います。すでにモンテカルロへの準備を行なっていますが、チームの中で最も努力家のヤリ-マティやエサペッカをお手本にチーム一丸となってやってきます」

 チームのエース的存在であるラトバラは、今シーズン2戦目で優勝できたことは想定外だったという。ドライバーとマシンのどちらもが改善できていると語るラトバラからは、1年間で得られた手応えと自信を感じられた。

「来季の課題となるのは、コンスタントに結果を出すことです。マシンもドライバーとしても改善できてきています。来年こそはマニュファクチャラー部門とドライバー部門でタイトルを狙います」

トヨタのファン交流

 トヨタはWRC参戦を通して"クルマを鍛える"という目標を掲げているが、それと同時にファンとの交流を大切にしており、いくつかのラリー会場でもファンとの距離を縮められるような施策を打っている。今回の報告会にもメディア関係者の他、SNS上で募った一般のファンを30名ほど招待していた。

 さらに報告会には、特別ゲストに来季から新加入するタナク/ヤルヴェオヤ組がサプライズで登場。今季のワークスドライバーたちが登場した際、TOYOTA GAZOO Racingの応援旗やフィンランド国旗を振り、声援を上げたファンたちは、タナクらも同様にハイタッチなどで暖かく歓迎した。

 登場早々に2015年ラリー・メキシコで起きた珍事件"タイタナック"(SS走行中のタナクが崖から滑り落ち、湖に水没した事件)の映像と共に紹介されたタナク。彼には"TOYOTA GAZOO Racing特注"のシュノーケルが豊田社長からのサプライズプレゼントとして用意されていた。タナクはそれに苦笑しながらも、「来年は是非これで泳ぎたい」と応酬。会場中が笑いに包まれ、早速タナクはファンたちの心を掴んだようだった。

 マキネンはそのタナクたちの加入に対し次のように語った。

「ふたり(タナク/ヤルヴェオヤ組)をチームに歓迎したいと思います。非常に価値のあるドライバーだと評価していますし、異なるチームからやってきたドライバーが入ることで別のアイデアが生まれることを期待しています。彼らとともにタイトルに向かって戦います」

 さらに数名のファンがドライバーたちに直接質疑応答を行ったり、ファンからの応援メッセージが書かれた"ダルマ"をチームにプレゼントするシーン等があり、ここでもファンとチームの距離の近さが感じられた。

 友山氏はそのことについて次のように語る。

「参戦から早1年が過ぎましたが、ファンが着実に増えてきているという実感があります。世界中にファンいるということはありがたいことですし、心強く感じております。来年はさらなる飛躍を目指して活動してまいります」

 来シーズンの開幕戦となるラリー・モンテカルロは、2018年1月25〜28日に開催予定だ。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
記事タイプ 速報ニュース