【WRCフランス】豊田社長「プロのチームを築きあげたマキネンに感謝」

WRCツール・ド・コルスの2日目にトヨタを激励しに訪れたトヨタ自動車の豊田章男社長は、チームの働きを労った。

 4月9日(日)、2017年WRC第4戦ツール・ド・コルス(ラリー・フランス)が行われた。

 初めてのフルターマックラリーに挑戦することとなったトヨタ。トヨタのヤリ-マティ・ラトバラは、イベント中に様々なセッティングを試しながらも安定した走りをみせ、最終日には総合4位に輝いた。

 現地では、チーム総代表を務めるトヨタ自動車の豊田章男社長が姿を見せ、チームの働きを労った。

 豊田社長は次のようにコメントを寄せた。

豊田章男(チーム総代表) 

「18年ぶりのWRC復帰から4戦目となるツール・ド・コルスで、やっと私もヤリスWRCの走る姿を間近で見て、チームの皆と共に現場で戦うことができました。土曜日、ラトバラ選手が午前のSSを終え昼のサービスに戻った際、大がかりな部品交換によるセッティング変更を制限時間ギリギリまで使って行うメカニック達の姿を目の当たりにしました。ドライバーが道との会話で感じたクルマへの違和感をメカニックやエンジニアが即座に改善し、また道に戻して走り続ける…ドライバー視点の開発とその改善を繰り返していくマキネンのチームの姿は、まさに私どもが目指す『もっといいクルマづくり』そのものだと感じます。現場では誰かが大声で指示を出すのでなく個々のメカニックが各々の役割を全うし作業が進んでいきました。想いが通じ合った信じあえるプロのチームを築きあげたマキネン代表に改めて感謝します」

「また、沿道では多くのファンやオフィシャルに出会うことができました。手の届きそうなところを通り過ぎるラリーカーの音や匂いや迫力を楽しもうとする文化がそこにはあり、WRCの現場でラリーの魅力を改めて体感することができました。彼らに笑顔で話しかければ、言葉は通じなくとも『トヨタがんばれ!』と返してくれます。ラリーを愛し、クルマを楽しみ、そしてトヨタの挑戦を応援してくださる方が世界中にいること、本当にありがたく、そして心強く思います」

「今後も、トミをはじめとしたチームのみんな、そして全世界にいるファンの皆さまとWRCの道をヤリスで走り続けていければと思います。応援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。これからもサポートをよろしくお願いいたします」

※コメントはTOYOTA GAZOO Racing Newsより抜粋。

【関連ニュース】

【WRC】フランス最終日:ヌービル優勝。ラトバラ4位入賞と健闘

【WRC】スウェーデン:トヨタ豊田社長、2戦目の勝利に「私の想像を超えていた」

【WRC】トヨタが目指す「プッシュせずに勝つクルマ作り」

【WRC】トヨタ、17年WRC体制発表。豊田社長「トヨタは負け嫌い」

【WRCフランス】ラトバラ「強くプッシュし、完璧に近い走りができた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・フランス
記事タイプ 速報ニュース