WRC開幕戦で自信を深めたマキネン「アウェイで最高の結果を出せた」

マキネンはモンテカルロで表彰台を獲得したことにより、今季のタイトル争いに対する自信を得ることができたと語った。

 トヨタのチーム代表であるトミ・マキネンは、WRCラリー・モンテカルロで2つの表彰台を獲得したことにより、今季のタイトル争いに対する自信を得ることができたと語った。

 WRC参戦復帰2シーズン目を迎えたトヨタは、今季よりオット・タナクを新たに起用。開幕戦からヤリ-マティ・ラトバラとエサペッカ・ラッピの3台体制を敷いた。

 タナクはトヨタでのデビュー戦であるモンテカルロを2位で終え、ラトバラは3位で表彰台に上がった。ラッピも最終ステージでコースアウトしたことで4位から7位まで順位を下げてしまったものの、しっかりとポイントを獲得した。

 昨年もすでに2度優勝を経験しているが、マキネンは今季のモンテカルロが"これまでで最も良い結果"を出すことができたと述べた。

「このラリーは我々にとってホームラウンドではなかった。昨年の勝利したスウェーデンは得意としている場所だったが、モンテカルロはアウェイだった(WRCモンテカルロはMスポーツのセバスチャン・オジェが5年連続優勝を果たしている)」

「スウェーデンでオジェが勝利するのは難しいだろう。そこは我々のテリトリーだからね」

「我々はスウェーデンを熟知しているし、昨年のマシンと比較すると我々は強くなった。他のチームも同じように強くなっただろうが、我々はスウェーデンに自信を持っている」

「例えばサスペンションに関しても、昨年のものと比べるとどれだけ進化してこれたのかがわかる」

「昨年ヤリ-マティはスウェーデンで勝利した。彼は素晴らしいパフォーマンスを発揮したし、今年も速さを見せてくれると思う。彼は再びスウェーデンで勝ちたがっているし、(トヨタの)3人のバトルは非常に面白いものになるだろう」

 モンテカルロが終了した段階でトヨタとMスポーツは、同ポイントでマニュファクチャラーズランキング首位となっている。マキネンは今後のイベントに関してもチームに対する自信をみせている。

「スウェーデンの後のメキシコも、昨年よりは良いパフォーマンスを発揮できると思う」

「今は多くの情報をマシンから得ることができているため、タイトルのために戦うことができると確信している」

「ヤリ-マティとオットはドライバーズタイトルのために戦っていけるだろう。さらに表彰台にトヨタの全ドライバーを揃えることができると今回わかったため、マニュファクチャラーズタイトル獲得の可能性も出てきた」

 さらにマキネンは、モンテカルロの結果がチームのモチベーションを高めたと語った。

「この結果によりチーム全体はより戦いやすくなったと思う。我々は今持っている実力をモンテカルロで示すことができた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・モンテカルロ
ドライバー ヤリ-マティ ラトバラ , オット タナク
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース