F1
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
R
第13戦ベルギーGP
29 8月
-
01 9月
次のセッションまで……
6 days
MotoGP
09 8月
-
11 8月
イベントは終了しました
R
第12戦イギリスGP
23 8月
-
25 8月
次のセッションまで……
23 時間
:
13
:
54
スーパーGT
R
第5戦:富士
03 8月
-
04 8月
イベントは終了しました
R
第6戦:オートポリス
07 9月
-
08 9月
次のセッションまで……
15 days
スーパーフォーミュラ
17 8月
-
18 8月
イベントは終了しました
28 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
36 days

【WRC】オジェ、Mスポーツとの契約発表。「表彰台の一番上が目標!」

シェア
コメント
【WRC】オジェ、Mスポーツとの契約発表。「表彰台の一番上が目標!」
執筆:
2016/12/13 0:28

WRCチャンピオンのセバスチャン・オジェは2017年シーズンをMスポーツ・フォードと供に戦うことが発表された。

Malcolm Wilson, M-Sport Managing Director
Sébastien Ogier, WRC champion
Sébastien Ogier, Volkswagen Motorsport
2017 Ford Fiesta WRC
2017 Ford Fiesta WRC
2017 Ford Fiesta WRC
2017 Ford Fiesta WRC

 32歳のセバスチャン・オジェは、フォルクスワーゲンが2016年限りでWRCから撤退すると決定した後も、新しい所属先を探していた。

 オジェはMスポーツとトヨタの両方をテストし、以前所属していたシトロエンへの復帰も検討していたが、最終的にMスポーツに移籍することを決めた。

「今シーズンは新しいことがたくさんあるだろうけど、僕は間違いなくそれを楽しみにしている」とオジェはMスポーツへの加入について語った。

「新世代のワールド・ラリーカーがあって、新しいチームがある。間違いなくエキサイティングだよね」

「(開幕戦の)ラリー・モンテカルロまでそんなに時間はないし、フォード・フィエスタWRCに乗る時間はそんなに取れないけど、準備にベストを尽くす。(Mスポーツの代表)マルコム・ウィルソンと彼のチームが、どれほど成功に飢えているか、わかっている」

「僕はMスポーツとの仕事を楽しみにしているし、彼らを表彰台の一番上に戻すことが、僕らの目標だ!」

 2016年にDMACKに所属していたオット・タナックがMスポーツに戻り、オジェのチームメイトになる。オジェは長年のコ・ドライバーであるジュリアン・イングレシアとのコンビを継続する。

 Mスポーツの2016年のドライバー、マット・オストベルグとエリック・カミリは来年の予定を発表していない。

 チーム代表のマルコム・ウィルソンは「我々はナンバーワンのドライバーと、ここ数年で最強のドライバーラインアップでラリー・モンテカルロに向かう」と語った。

「来シーズンに興奮していると言っても過言ではない。我々は優秀なマシンを作ったと信じているし、エキサイティングな新時代のWRCを前に、可能な限りベストなポジションにいる」

「我々がセバスチャンとジュリアンと、どれほど仕事をしたかったか! 彼らをチームに招くことができたのは素晴らしいことだ。我々は彼らを確保するために非常に懸命に取り組んだ。そしてフォード・フィエスタWRCが、彼らのタイトルを防衛するためにベストなマシンだと、彼らは考えたんだ」

「(オジェのチームメイトになる)オットは一貫したスピードで非常に印象的な1年を過ごした。彼は新車の開発において大きな役割を果たしている。私は、初勝利はそれほど遠くないと感じているよ!」

【関連ニュース】

Mスポーツ、95%を再設計したフォードの新フィエスタを発表

VW新マシンプライベーター参戦か? オジェの選択肢にも浮上

「オジェはMスポーツで走るべき」と年間2位のヌービル

オジェ「まだ来季どうするかは決めていないが、来週中には発表したい」

来季オプションを検討中のオジェ。MスポーツのフィエスタRSを試走

王者オジェがトヨタのマシンをテスト。ヤリスの弱点を指摘

次の記事
【WRC】Mスポーツ、95%を再設計したフォードの新フィエスタを発表

前の記事

【WRC】Mスポーツ、95%を再設計したフォードの新フィエスタを発表

次の記事

【WRC】ラトバラ、17年WRC復帰のトヨタ加入が明らかに

【WRC】ラトバラ、17年WRC復帰のトヨタ加入が明らかに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
ドライバー オット タナク , セバスチャン オジェ
チーム M-スポーツ
執筆者 Valentin Khorounzhiy