【WRC】シトロエン、2017年参戦WRCカーのC3 WRCを発表

シトロエンは来季WRC参戦用マシンC3 WRCを発表するとともに、3人のドライバーラインアップも明らかにした。

 水曜日、シトロエン(シトロエン・トタル・アブダビ・ ワールドラリーチーム)は、2017年用マシンであるシトロエンC3 WRCをお披露目した。今回の発表で、2017年のWRCに参戦するマニファクチャラーチームのマシンは、4台全てが発表された事になる。

 またドライバーにはクリス・ミークとクレイグ・ブリーン、ステファン・ルフェーブルを起用することも併せて発表した。フォルクスワーゲンの撤退によりセバスチャン・オジェが、ドライバーラインアップに加わる可能性も噂されていたが、結局オジェはMスポーツを移籍先を決めたため、ここには加わらなかった。

 シトロエンは2017年にヒュンダイとMスポーツ、18年ぶりにWRCに復帰するトヨタとのチャンピオンシップ争いに備え、2016年のWRCにスポット参戦しながらC3 WRCを開発した。その中でミークがドライブしたラリー・ポルトガルとラリー・フィンランドでは優勝を飾っている。

 シトロエンのチーム代表であるイヴ・マットンは、次のように語った。

「2017年にはまずライバルたちに打ち勝ちたい。そして2018年は、少なくともひとつは世界タイトルを持ち帰ることが目標だ」

「いくつかのあるコメントを読んでいると、多くの人々がC3 WRCがスピードの速いことを期待している事に気付く。だから我々はそのプレッシャーを負って戦う」

「結束して間もないチームはまだ従来のパフォーマンスを発揮することはできないだろう。チームが本来の力を発揮できるまでに時間が必要だ」

「これまで通り、我々は浮かれることなく、地に足をつけてやっていくつもりだ」

Additional reporting by David Evans

【関連ニュース】

オジェ、Mスポーツとの契約発表。「表彰台の一番上が目標!」

トヨタ、17年WRC体制発表。豊田社長「トヨタは負け嫌い」

Mスポーツ、95%を再設計したフォードの新フィエスタを発表

1.6Lターボ380馬力のトヨタ・ヤリスWRCのスペック公開!

トヨタ、5月頃に3台目投入か。ラッピを起用予定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
チーム シトロエン・ワールドラリー・チーム
記事タイプ 速報ニュース