【WRC】スウェーデン最終日詳報:トヨタのラトバラ優勝。年間首位浮上

シェア
コメント
【WRC】スウェーデン最終日詳報:トヨタのラトバラ優勝。年間首位浮上
執筆: Jack Benyon
2017/02/12 13:39

トヨタのヤリ-マティ・ラトバラは、WRC第2戦ラリー・スウェーデンで総合優勝を果たし、ドライバーズランキングでも首位に立った。

Jari-Matti Latvala, Miikka Anttila, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing
Jari-Matti Latvala, Miikka Anttila, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing
Jari-Matti Latvala, Miikka Anttila, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing
Jari-Matti Latvala, Miikka Anttila, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing
Ott Tänak, Martin Järveoja, Ford Fiesta WRC, M-Sport
Sébastien Ogier, Julien Ingrassia, Ford Fiesta WRC, M-Sport
Jari-Matti Latvala, Miikka Anttila, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing
Juho Hänninen, Kaj Lindström, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing
Jari-Matti Latvala, Miikka Anttila, Toyota Yaris WRC, Toyota Racing

 トヨタのヤリ-マティ・ラトバラが、WRC(世界ラリー選手権)第2戦ラリー・スウェーデンで総合優勝。トヨタにWRC復帰後初優勝をもたらした。トヨタにとっては1999年ラリー中国以来の勝利ということになる。

 3日目を迎えた段階で首位に立っていたティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が3日目の最終ステージでクラッシュし、リタイアを喫した。ヌービルは開幕戦のラリー・モンテカルロでも首位を走っていたが、サスペンションを壊し無念のリタイアで優勝を逃している。

 ヌービルが首位から脱落したことで、トップ3であるラトバラとオット・タナク(Mスポーツ)、セバスチャン・オジェ(Mスポーツ)の優勝争いは白熱した。タナクは3日目午前中の段階で最速を記録していたものの、最終的にラトバラが3.8秒差の首位で3日目を終え、最終日を迎えていた。ラトバラの12.8秒差の3番手には、昨年のWRC王者であり、開幕戦の勝者でもあるオジェがつけていた。

 最終日デイ4でもラトバラの猛進は止まず、SS16とSS17でトップタイムを記録し、タナクとの差を約20秒に開く。タナクはリヤの挙動に悩まされタイムが伸びず、オジェはSS16の最初のコーナーでスピンを喫し、ラトバラから遅れていった。

 パワーステージ(総合タイムとは別に該当ステージで1-5位のドライバーにポイントが与えられる)である最終SSもラトバラは最速をマークし、ステージ優勝を果たす。さらにタナクとの総合タイム差も29秒に広げ、堂々の総合優勝を果たした。

 タナクはモンテカルロの3位に続き2戦連続の表彰台を獲得。オジェはパワーステージで2位に入り、総合順位も3位でフィニッシュした。

 金曜日の走行中に木と衝突し、2日目の走行を断念したラトバラのチームメイトであるユホ・ハンニネンは、日曜日の朝に再びクラッシュしている。

 ラトバラはラリー・スウェーデンを総合優勝、パワーステージでも優勝したことで25(総合優勝)+5(パワーステージ優勝)の合計30ポイント獲得した。開幕戦ラリー・モンテカルロでのポイントと合算すると48ポイントになり、2戦目を終えた時点でドライバーズランキング首位につけている。

【関連ニュース】 

【WRC】スウェーデン3日目:ラトバラが首位に浮上。トヨタ初優勝へ

【WRC】スウェーデン3日目:FIA勧告によりSS12走行中止

【PR】『WRC6』で千変万化の公道を攻略。初回特典ヤリステストカー

【WRC】トヨタが目指す「プッシュせずに勝つクルマ作り」

【WRC】昨年を振り返るラトバラ「前は独りで戦っていた、今は違う」

Final top 10 results:

Pos. Driver Car Time/Gap
1  Jari-Matti Latvala Toyota 2m36m03.6s
2

 Ott Tanak

Ford +29.2s
3

 Sebastien Ogier

Ford +59.5s
4  Dani Sordo Hyundai +2m11.5s
5

 Craig Breen

Citroen +2m51.2s
6  Elfyn Evans Ford +5m26.6s
7  Hayden Paddon Hyundai +5m31.2s
8

 Stephane Lefebvre

Citroen +7m14.7s
9  Pontus Tidemand Skoda +9m11.1s
10  Teemu Suninen Ford +10m02.9s

Points standings:

Pos.DriverCarPoints
1  Jari-Matti Latvala Toyota 48 pt
2

 Sebastien Ogier

Ford

44 pt
3  Ott Tanak Ford 33 pt
4

 Dani Sordo

Hyundai

25 pt
5

 Craig Breen

Citroen

20 pt
6  Elfyn Evans Ford 18 pt
7

 Stephane Lefebvre

Citroen

10 pt
8

 Thierry Neuville

Hyundai

8 pt
9

 Hayden Paddon

Hyundai

7 pt
10

 Andreas Mikkelsen

Skoda

6 pt
次の WRC ニュース
【WRCスウェーデン速報】ラトバラ優勝! トヨタ復帰2戦目で栄冠

前の記事

【WRCスウェーデン速報】ラトバラ優勝! トヨタ復帰2戦目で栄冠

次の記事

【WRC】トヨタ豊田社長、2戦目の勝利に「私の想像を超えていた」

【WRC】トヨタ豊田社長、2戦目の勝利に「私の想像を超えていた」
Load comments