【WRC】トヨタ、フィンランドで新感覚の観戦体験サービスを提供

シェア
コメント
【WRC】トヨタ、フィンランドで新感覚の観戦体験サービスを提供
2017/07/21 11:26

来週開催されるラリー・フィンランドで、トヨタはWRC観戦体験サービス「EchoCam(エコーカム)」を提供する。

 来週開催されるラリー・フィンランドで、トヨタは世界ラリー選手権(WRC)におけるテクノロジー・パートナーであるマイクロソフトのクラウド「Microsoft Azure」を活用し、WRC観戦体験サービス「EchoCam(エコーカム)」を提供する。

 EchoCamとは、“ファンとヤリスWRCがつながること(コネクティッド)” をコンセプトにしたサービスである。

 サービスは、現地で観戦するファンが幾つかのSSに設置されたEchoCamブースで、目の前を走行するヤリスWRCをスマートフォンで撮影し、写真をEchoCamウェブサイトに投稿すると、走行中のヤリスWRC側からファンを撮影した動画がプレゼントされるというという仕組みだ。(参照:下記画像)

 

the EchoCam service
the EchoCam service

Photo by: Toyota Racing

 

  参戦する3台のヤリスWRCには、ファンを撮影する専用のオンボードカメラが設置されており、ファンが撮影した写真のタイムコードに基づいて動画が生成される。なお、 EchoCamブースの場所については、EchoCamウェブサイトとTOYOTA GAZOO Racing WRTのSNSアカウントで随時公開するという。

 WRCカレンダーの中でも難易度の高いグラベルラリーであり、トヨタにとってホームイベントとなるラリー・フィンランド。EchoCamウェブサイト上では、グラベルを滑走するヤリスWRCの迫力ある動画がファンから投稿され、一方の現地観戦するファンも、ヤリスWRCから受け取る動画によってイベントやトヨタとの繋がりを強く感じることができるだろう。

 WRC第9戦ラリー・フィンランドは、7月27-30日に行われる。

■EchoCamウェブサイト(英語・フィンランド語)tgr-echocam.com  ※スマートフォンでのアクセスのみ

【関連ニュース】

 トヨタが目指す「プッシュせずに勝つクルマ作り」

10位完走のハンニネン「次戦フィンランドに期待したい」

WRCポーランド最終日:ヌービル今季3勝目。ラトバラ5ポイント獲得

WRCポーランド3日目:ラトバラ、メカニカルトラブルで無念のリタイア

 WRC第8戦ポーランド最終日リザルト

次の WRC ニュース
【WRC】王者オジェ、テスト中に大クラッシュ喫しマシン大破

前の記事

【WRC】王者オジェ、テスト中に大クラッシュ喫しマシン大破

次の記事

【WRC】2019年より包括的にカテゴリー見直し。有望な若手を発掘

【WRC】2019年より包括的にカテゴリー見直し。有望な若手を発掘
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
イベント ラリー・フィンランド
記事タイプ 速報ニュース