【WRC】ハンニネンのチームメイト候補はWRC2ドライバーが濃厚か

シェア
コメント
【WRC】ハンニネンのチームメイト候補はWRC2ドライバーが濃厚か
David Gruz
執筆: David Gruz
2016/11/19 14:35

WRC2のドライバーであるラッピとスニネンは、WRC2のトップランナーであり、トヨタのテストに参加しているドライバー候補だ。

Toyota Gazoo RacingのWRCをドライブする、 (左から)コ・ドライバーのカイ・リンドストロームとドライバーのユホ・ハンニネン
Esapekka Lappi, Janne Ferm, Skoda Fabia R5
Esapekka Lappi, Janne Ferm, Skoda Fabia R5
Esapekka Lappi, Janne Ferm, Skoda Fabia R5
Teemu Suninen, Mikko Markkula, Skoda Fabia R5
Teemu Suninen, Mukko Markkula, Skoda Fabia R5

 2017年、トヨタは世界ラリー選手権(WRC)に復帰する予定だ。今季、フォルクスワーゲンのWRCからの撤退することでマニファクチャラー参戦は3チームになる。

 WRCの伝説的ドライバーであるトミ・マキネンが率いるトヨタチームは、トヨタのテストドライバーを長年努めてきたユホ・ハンニネンを一人目のフルタイムシートとして発表していた。

 一方、WRC2のシュコダ・モータースポーツのドライバーであるエスペッカ・ラッピも、最近の数ヶ月の中でドライバー候補としてあげられていた。

 25歳のラッピは、現在WRC2で3位につけているが、現在行われているラリー・オーストラリアをリードしており、2位を獲得することができればタイトルの可能性もある。

 ラッピはトヨタのドライバーとして決定されていないものの、彼はカタルーニャでのテストに欠席していた。その際はハンニネンとティーム・スニネンがドライブした。

 22歳のスニネンは、シュコダ・ファビア・R5でドライブしWRC2で現在2位にいる。彼はラリー・オーストリアを参戦していない。

 ラッピはハンニネンのチームメイトになる有力候補者であるが、スニネンはトヨタが来季3台参戦体制になる場合、3台目をドライブする可能性がある。

 一方、フォルクスワーゲンのヤリ−マティ・ラトバラが、来季のシートを獲得できていない状況にある。

次の WRC ニュース
【WRC】2017年の規定変更がWRCコミッション内で決定

前の記事

【WRC】2017年の規定変更がWRCコミッション内で決定

次の記事

【WRC】王者オジェがトヨタのマシンをテスト。ヤリスの弱点を指摘

【WRC】王者オジェがトヨタのマシンをテスト。ヤリスの弱点を指摘
Load comments

この記事について

シリーズ WRC
ドライバー エサペッカ ラッピ , ティーム スニネン
チーム Toyota Gazoo Racing
執筆者 David Gruz
記事タイプ 速報ニュース