【WRC】ヒュンダイ「WRCはマーケティングに最適なカテゴリー」

ヒュンダイ・モータースポーツのチーム代表は、モータースポーツ活動に対する意義やアジア発メーカーであるトヨタについて語った。

 開幕2連戦こそ下位に沈むものの、第3戦以降はエースのティエリー・ヌービルが3勝を含めて6戦連続で表彰台を獲得したヒュンダイ。主力モデル「i20クーペWRC」を武器にドライバーズ部門およびマニュファクチャラーズ部門でタイトル争いを展開している。

 韓国の自動車メーカーであるヒュンダイは、あまりモータースポーツのイメージが定着していないが、実は1990年代よりラリー競技には積極的に参戦しており、APRC(アジアパシフィックラリー選手権)を経て、1998年にF2マシンでWRCにデビュー。2000年にはWRカーの「アクセントWRC」を投入するなど最高峰シリーズで豊富な実績を持つ。

 惜しくも2003年のシーズン途中で活動を休止するものの、ドイツに新ファクトリーの「ヒュンダイ・モータースポーツ」を設立し、2014年より「i20WRC」でWRCに復帰。その経験を生かして、前述のとおり、2017年はi20クーペWRCで健闘しているが、そもそも、ヒュンダイはなぜWRC活動に打ち込んでいるのだろうか?

 その理由について、ヒュンダイ・モータースポーツのチーム代表であるミシェル・ナンダンに訊いた。

「WRCは市販モデルに最も近く、ヨーロッパで人気のBセグメント車両がベースとなるため、WRCはマーケティングに最適なカテゴリーなのだ。iブランドおよびハイパフォーマンスカーのプロモーションやマーケティングのために、韓国のトップマネジメントが直々にWRCのカムバックを決めた」と語る。

 すでにお伝えしたとおり、ヒュンダイは2018年よりTCRシリーズに「i30 N TCR」を投入する予定だ。これについてもナンダンは「カスタマースポーツ用のマシンとして、TCRカーの開発を行っている。これはサーキットでのプロダクションカーのマーケティングが目的で、ヒュンダイのスポーツイメージにとって重要な活動になるだろう」とのことだ。

アジア圏ブランド同士

 ちなみに同じアジアの自動車メーカーであるトヨタが2017年よりWRCへの復帰を果たしたが、ヒュンダイのチーム代表としてナンダンはトヨタの躍進をどのように見ているのか?

「モンテカルロ、スウェーデンを見てもクルマのパフォーマンスは明らかであるし、グラベルイベントに関しても急激に進化している」とナンダン。

「現時点で我々はドライバーズ部門でもマニュファクチャラーズ部門でもMスポーツとポイント争いをしているが、後半戦はトヨタも多くのポイントを獲得してくるだろう」

 さらにナンダンは次のように付け加えた。

「今年の経験で来年のトヨタはもっと強いチームになる。アジアやヨーロッパのメーカーという話ではなく、純粋にトヨタはWRCを戦うひとつのチームとして手強い存在になると思う」

取材・文/廣本泉

【関連ニュース】

 ラトバラ「信じられないような出来事。でもこれがモータースポーツ」

 WRCフィンランド3日目:ラッピ首位堅持。ラトバラはトラブル

ダウンフォースは最大2.2G! 開発者が語るトヨタ・ヤリスの"強さ"

トヨタ代表マキネン「今年は経験の年。成長できている」

WRC2戦連続クラッシュのヌービル。ヒュンダイ「彼のミスは罪深い」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
記事タイプ 速報ニュース