【WRC】フィンランド初日:タナクが好発進。ラトバラ5番手

WRC第9戦ラリー・フィンランド初日は、Mスポーツのオット・タナクがトップタイムを記録した。

 WRC(世界ラリー選手権)第9戦ラリー・フィンランドが現地時間7月27日より開幕した。

 フィンランド初日はSS1の走行のみ行われ、Mスポーツのオット・タナクがトップタイムを記録した。走行後、タナクは次のように語った。

「今回の道はとても注意深く走行したんだ。でも良い感触をつかめれば、本当に楽しめる」

 前戦ポーランドで優勝したティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)は、タナクの1.1秒差で2番手、ポイントリーダーのセバスチャン・オジェはタナクから1.5秒差で3番手につけている。

 シトロエンの若手ドライバーであるクレイグ・ブリーンは4番手、5番手はトヨタのヤリ-マティ・ラトバラだった。ラトバラのチームメイトであるユホ・ハンニネンが7番手。トヨタのふたりに挟まれたのはヒュンダイのヘイデン・パッドンだった。

ミークの”参戦復帰”

 前戦ラリー・ポーランドでチームから欠場を命じられていたシトロエンのクリス・ミークは、今回フィンランドから再び参戦している。

 シェイクダウンでは好タイムを記録していたミークだが、SS1でパフォーマンスを存分に発揮することができずトップから3秒離されて8番手となった。

■WRC第9戦ラリー・フィンランド初日の結果

【関連ニュース】

セバスチャン・ローブWRC"復帰"、シトロエンC3をテスト

 ダウンフォースは最大2.2G! 開発者が語るトヨタ・ヤリスの"強さ"

WRCトヨタ、フィンランドで新感覚の観戦体験サービスを提供

 トヨタが目指す「プッシュせずに勝つクルマ作り」

ホンダ、ザウバーへのパワーユニット供給契約の白紙化を発表

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・フィンランド
ドライバー クレイグ ブリーン , ヤリ-マティ ラトバラ , クリス ミーク , オット タナク , セバスチャン オジェ , ティエリー ヌービル
記事タイプ レグ・レポート