【WRC】モンテカルロDay2:ヌービル首位。午前中に2台リタイア

WRC開幕戦ラリー・モンテカルロのデイ2は、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが総合トップを堅持。ミークとハンニネンがリタイアとなった。

 WRC開幕戦ラリー・モンテカルロのデイ2は、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが総合トップにつけた。

 午前中(SS3-5)は、Mスポーツのセバスチャン・オジェがSS3のステージでスピンを喫し、一時は総合9番手まで後退する。SS4では、シトロエンのエースドライバーであるクリス・ミークがコースオフし、サスペンションを破損させたためリタイアとなった。

 ダウンヒルのSS5では、デイ1で総合3番手につけていたトヨタのユホ・ハンニネンがブレーキングミスでマシンを木に当てたことでサスペンションを損傷し、リタイアせざるを得なくなった。しかし修復は可能であるため、デイ3での再出走に向けて準備を行なっているようだ。

 午後のステージ(SS6-8)では、ハンニネンのリタイアにより9番手から追い上げてきていたオジェが総合3番手に浮上した。その後オジェは、まだ乗り慣れていないMスポーツのフォードで奮闘。SS7-8でトップタイムを記録し、同僚のオット・タナクのタイムを上回って総合2番手を取り戻した。オジェと終日トップを走行したヌービルのギャップは、DAY1終了時にあった7分8秒から45秒1に短縮された。

 一方のヌービルはラリー・モンテカルロ最長のSS7(38.94km)でオジェに19秒差をつけられた。その後ヌービルは「氷と雪が少ない路面で慎重になりすぎてしまった」と語った。彼はSS8のヘアピンでエンジンをストールさせてしまい、その後も正しいエンジンスタート手順を踏まなかったため、一時はブーストをかけずに走行していたようだ。

 タナックはミークとハンニネンのリタイアで総合3番手に浮上、最終的にはオジェの0.3秒差につけている。トヨタのヤリ-マティ・ラトバラは、SS8でスピンを喫するも総合4番手となった。

 ヒュンダイのダニ・ソルドは総合5番手になったものの、SS7-8間でシトロエンの若手クレイグ・ブリーンに負けている。好調のブリーンは「モンテカルロはかなり滑りやすいコンディションであり、ドライコンディション化が進んだ午後の路面の方が2017年マシンとの相性は良い」と感じている。

 WRC2クラスに参戦中のアンドレアス・ミケルセンはクラストップを維持し、一方のMスポーツのエルフィン・エバンスは、アイスコンパウンドのDMACKタイヤのグリップに苦しむ1日となった。

【関連ニュース】

開幕戦Day2トヨタ:好調さが続きラトバラが総合4番手に浮上

ラリー・モンテカルロ、SS1の事故で観客が死亡

モンテカルロSS2:ヌービルが首位。トヨタのハンニネンは3番手

ラリーモンテカルロ、ヒュンダイ横転でSS1はキャンセル

マキネン「ラトバラ加入で性能が向上した」開幕戦も自信アリ

Standings after SS8:

PosDriverCarTime
1  Thierry Neuville Hyundai 2h05m24.6s
2  Sebastien Ogier Ford +45.1s
3  Ott Tanak Ford +45.4s
4  Jari-Matti Latvala Toyota +2m09.7s
5  Dani Sordo Hyundai +2m57.8s
6  Craig Breen Citroen +3m04.1s
7  Andreas Mikkelsen Skoda +5m50.8s
8  Elfyn Evans Ford +8m12.1s
9 Pontus Tidemand Skoda +8m22.4s
10 Jan Kopecky Skoda +8m38.2s
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・モンテカルロ
ドライバー オット タナク , セバスチャン オジェ , ティエリー ヌービル
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ
記事タイプ レグ・レポート