【WRC】ラトバラ、17年WRC復帰のトヨタ加入が明らかに

ヤリ−マティ・ラトバラが、来季からWRCに復帰するトヨタ入りすることが明らかになった。

 これまで4年間フォルクスワーゲンのドライバーを務めたヤリ−マティ・ラトバラは、来季から世界ラリー選手権(WRC)へ復帰を果たすトヨタ入りすることが明らかになった。

 これまでラトバラはWRCで16回の勝利を挙げ、2014年と2015年では年間タイトル2位につけていた。

 しかし今季は、彼のチームメイトであるセバスチャン・オジェとアンドレアス・ミケルセン、ヒュンダイの3人に差をつけられ、総合6位に終わった。

 フォルクスワーゲンが2016年末でWRCから撤退する決定を下した際、ラトバラたちは突然シートを失った。しかし、オジェはMスポーツと契約を結び、その翌日にラトバラがトヨタのシートを獲得したということになる。

 また、すでに発表されている通り、ユホ・ハンニネンが来季ラトバラのチームメイトを務めることになる。

 ラトバラとオジェは、2017年のシートを獲得することができたが、依然としてアンドレアス・ミケルセンの将来は不透明である。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
ドライバー ヤリ-マティ ラトバラ
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース