【WRC】ラリースウェーデン前にミークがテスト中に横転。損傷はなし

シトロエンのクリス・ミークはテスト中に横転したが、マシンに損傷がなかったため走行を継続。無事にテストを終えたようだ。

 今週の日曜日、シトロエンはツースビ(スウェーデン)周辺でテストを行い、参加していたクリス・ミークは最後から2本目のアタックでマシンをクラッシュさせた。

 シトロエンのテスト用マシンC3 WRCは横転したものの損傷はなく、時間はまだ残されていたため、テストは続行された。

 今回のテストは今週の木曜日から開催されるラリー・スウェーデンに向けられたものだった。

 ミークはAutosport誌に対し、横転について語った。

「僕のミスで引き起こされたクラッシュだった。道を少しワイドに膨らんでしまった時に、道端にあった溝にタイヤがはまったのがきっかけで、マシンが横転してしまった。ただそれだけだ」

「それ以外はうまくいったと思うし、良い進歩を遂げられた1日だった。今日の走行に満足しているし、イベントに向けた良い準備になったと思う」

「もっと早い時間に横転していたとしても、すぐに走行を再開していただろう。ラリーでこういったことはよく起こることだし、そうならないためにも僕たちはテストを行なっている」

 ちなみにミークがこの日ドライブしたC3 WRCは、彼の同僚であるクレイグ・ブリーンが前日に走らせている。このブリーンも当日クラッシュしたため、リヤを破損。ミークが走らせた際にも、リヤにダメージが残っていたという。

 先月行われた開幕戦ラリー・モンテカルロのリエゾン中、ミークは一般車両と接触事故を起こし、彼のマシンが大きな損傷を負ったため、イベントをリタイアしている。チャンピオンシップにおいて、第1ラウンドでのリタイアは大きな痛手となることだろう。

 彼は今シーズン初のポイントを獲得するために、WRC第2ラウンドのラリー・スウェーデンに臨む。

 しかし、木曜日の夕方にスタートするラリー・スウェーデンは、大雪に見舞われる可能性があるという。

「スウェーデンのコンディションを予測することは本当に難しい」とミークは語った。

「路面に雪が少し残った状態のアイスコンディションだと、僕たちは苦戦を強いられる可能性がある。むしろ雪が降ってくれた方が、僕たちにとって良いかもしれない。とにかく、当日にならないと何もわからないね」

【関連ニュース】

【PR】『WRC6』で千変万化の公道を攻略。初回特典ヤリステストカー

【WRC】ラトバラ「気温が下がり雪が増えれば……」WRC第2戦プレビュー

【WRC】モンテカルロDay3:ヌービルのリタイアでオジェが首位へ

【WRC】来季WRC復帰のシトロエンが王者オジェを起用しなかった理由

【WRC】シトロエン、2017年参戦WRCカーのC3 WRCを発表

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
ドライバー クリス ミーク
チーム シトロエン・ワールドラリー・チーム
記事タイプ 速報ニュース