【WRC】今季2勝目のタナク「タイトル争いは終わっていない!」

今シーズン2勝目をあげたオット・タナクは、まだチャンピオンシップは終わっていないと話した。

 ラリー・ドイチェランドで優勝を果たしたオット・タナク(Mスポーツ)は、まだチャンピオンシップを諦めていないことを明かした。

 先週末のラリー・ドイチェランドで優勝を飾り、現在ランキング3位のタナクは、首位のセバスチャン・オジェ(Mスポーツ)との差を33ポイントまで縮めた。またラリー・ドイチェランドはリタイアとなったものの、ランキング2位につけるティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)との差は16ポイントになった。

 そのタナクはmotorsport.comに対し、「チャンピオンシップは終わっていない。本当の終わりが来るまで、決して終わらないんだ!」と話した。

「僕は戦い続けるし、プッシュし続ける。ランキング上位二人とのギャップを縮めることができたし、今のギャップもそれほど大きくない」

「もっとラリーで勝たなければいけないと思っているので、残りの3イベントでは優勝を狙っている」

「あらゆることが起こりうるのだということをこれまでも見てきた。だからもし前を走るドライバーが失敗をしたり問題に見舞われたりしたら、僕はタイトル争いに残ることができるだろう。残れない理由はわからない。でもタイトルを獲りたいのなら、勝ち続けることが必要だ」

 Mスポーツのチーム代表であるマルコム・ウィルソンは、タナクのスピードや執念を見ることができて嬉しく思うと話した。

「彼がチャンピオンシップを戦っているかって?」とウィルソンは語った。

「ひとつ確かなのは、前回のラリー(ラリー・フィンランド)の後よりも、彼のポイントが25ポイント増えていることだ」

「今年はあらゆることが起きている。それはオットも例外ではない。今はあまり多くのことを話したくはないが、この位置につけるまで、我々はそれ(チャンピオンシップ)を失ったようなものだった」

「我々はチームであるということを意識し、残りの3イベントのためにますます懸命に作業しなくてはならない。これこそまさに、我々がやろうとしていることだ」

【関連ニュース】

WRC ドイツ最終日:タナク今季2勝目。ハンニネンは4位

オジェ「ヌービルのストップによって複雑な心境になった」

4位入賞ハンニネン「後半はポジティブなラリーが続き嬉しい」

Mスポーツ「オジェをチームに留めておくために尽力する」

シトロエン、来季以降の元王者ローブ起用を否定せず

ラリー・ドイチェランド終了後のポイントランキング

Pos.DriverCarPoints
1  セバスチャン・オジェ M-Sport Ford 177
2  ティエリー・ヌービル Hyundai 160
3  オット・タナク M-Sport Ford 144
4  ヤリ-マティ・ラトバラ Toyota 123
5  ダニ・ソルド Hyundai 89
6  エルフィン・エバンス M-Sport Ford 87
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・ドイツ
ドライバー オット タナク
記事タイプ 速報ニュース