【WRC】体調不良のラトバラ「厳しかったけどポイントが必要だった」

トヨタのヤリ-マティ・ラトバラは、ラリー・ポルトガルを完走するために医師を”説得”しなければならなかった。

 トヨタのヤリ-マティ・ラトバラは、ラリー・ポルトガルの期間中、体調不良に見舞われていた。彼は土曜日の夜には脱水症状を感じ、ポルトの病院で診察を受けた。そして、日曜日の朝午前5時半まで同地に留まっていたという。

「僕は鎮痛剤を服用していた。それは僕を少し助けてくれたが、問題は他にあった。僕は何かを食べても、それをお腹に留めておくことができなかったんだ」

 ラトバラはmotorpsort.comに対してそう語った。

「だから僕はエネルギーがなかった。最終的に僕は、土曜日の夜8時に病院に行ったんだ」

「そこで診察を受けた時、医者は僕に『日曜日はドライブできない』と言った。でも、僕は彼に言った。『僕はドライブする必要がある。そのポイントが必要なんだ!』ってね」

「結局は僕らはドライブすることに同意したが、フィニッシュした後にチェックのため、病院に戻らなければならなかった」

 ラトバラは金曜日の午後に横転を喫するまでは、ラリーをリードしていた。結局ラトバラは最終的に9位となり、ランキングではトップのセバスチャン・オジェから40ポイント差の3位になってしまった。

「気分はだいぶ良くなったけど、少し眠ることが必要だ」

 ラリーの後、ラトバラはそう語った。

「眠れなかったから、肉体的にも精神的にもとても疲れている」

「自分の部屋に戻ってきたのは、サービスパークに来る1時間前だった」

「僕はポイントを獲ることができたけど、個人的には最も厳しいラリーだった。これまで経験したことがないくらいにね」

 【関連ニュース】

【WRC】ポルトガル最終日:オジェ今季2勝目! トヨタ3台は無事完走

【WRC】9位ラトバラ「キャリアの中で一番身体的に辛いラリーだった」

【WRC】ポルトガル2日目:トヨタ7-8番手。ラトバラは横転で13番手

【WRC】ラトバラ「開幕戦から安定した走りを継続できている事が大切」

【WRCフランス】豊田社長「プロのチームを築きあげたマキネンに感謝」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・ポルトガル
ドライバー ヤリ-マティ ラトバラ
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース