【WRC】観客死亡事故を起こしたパッドン、ラリー・モンテカルロ撤退

初日の第1ステージでクラッシュし、観客を巻き込んで死亡させてしまったヘイデン・パッドンが、ラリー・モンテカルロを撤退することになった。

 WRC開幕戦ラリー・モンテカルロの初日SS1でクラッシュし、コース上にマシンを横転させてしまったヒュンダイのヘイデン・パッドン。マシンのダメージは大きくなかったが、この事故に巻き込まれた観客が死亡してしまうという痛ましい事故になってしまった。

 この事故を受けヒュンダイは、パッドンをこの時点でラリー・モンテカルロから撤退させることを発表した。

 チーム代表のミシェル・ナンダンは、次のように語った。

「木曜日の夕方、観客が亡くなってしまったことを知り、とても悲しく思っている」

「そのため、我々は今週末のラリーから、ヘイデンとジョン(ケナード/パッドンのコ・ドライバー)の4号車を撤退させることを決めた。関係するすべての方々に、我々の想いと心からの哀悼の意を送りたいと思う」

 パッドンは事故を次のように振り返った。

「シーズン最初のラリーとしては、我々が求めていたようなモノにはならなかった。僕らは最初のステージの終盤で、見えにくい凍った路面に捕まってしまった」

「クルマは横にスライドしてしまい、そこからは何もすることができなかった。クルマには大きなダメージはなかった。しかし、多くの仕事をしてきてくれたチームには申し訳ないことをした」

「今日の事故で、僕は信じられないほど悲しい。僕は事故に巻き込んでしまった人の家族や、その友人の皆さんのことを考えている」

 なお、もう1台のヒュンダイのマシンに乗るティエリー・ヌービルは、ラリー再開後のSS2で最速タイムを記録。2番手のセバスチャン・オジェ(M-Sport)に7.8秒の差を築いている。

【関連ニュース】

ラリー・モンテカルロ、SS1の事故で観客が死亡

ラリー・モンテカルロ、ヒュンダイ横転でSS1はキャンセル

モンテカルロSS2:ヌービルが首位。トヨタのハンニネンは3番手

WRC開幕戦Day1トヨタ:ハンニネン3番手でヤリスWRCに手応え

FIAと各チームの首脳がVW参戦可否を検討。後日に再会議

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・モンテカルロ
ドライバー ヘイデン パッドン
チーム ヒュンダイ・モータースポーツ
記事タイプ 速報ニュース