【WRC】オジェとエバンスがクロアチアで1-2。トヨタ豊田社長「メンバー全員で力を発揮してくれている」

WRCの第3戦ラリー・クロアチアを終え、トヨタ自動車の豊田章男社長がコメントを発表。チームの1-2フィニッシュを喜び、接戦を繰り広げたドライバー、そしてチームメンバーたちを称えた。

【WRC】オジェとエバンスがクロアチアで1-2。トヨタ豊田社長「メンバー全員で力を発揮してくれている」

 WRC(世界ラリー選手権)の第3戦ラリー・クロアチアが行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのセバスチャン・オジェ/ジュリアン・イングラシア組が優勝を果たした。

 オジェはチームメイトのエルフィン・エバンス、そしてヒュンダイのティエリー・ヌービルと、最終日まで僅差の戦いを繰り広げた。しかし最終的にはエバンスに0.6秒という僅差で勝利。開幕戦ラリー・モンテカルロに続く、今シーズン2勝目を挙げた。これでオジェは今季のドライバーズランキング首位に浮上することになった。

 今回のラリーの結果を受け、チームオーナーであり、トヨタ自動車の社長でもある豊田章男が、コメントを発表した。

「WRC初開催のクロアチアでオジェ、イングラシア組が我々のチームに勝利をもたらしてくれました。セブ、ジュリアン、そしてチームのみんな、おめでとう!」

 豊田社長はそう語った。

「二人はリエゾンを走っている時に事故に遭い、その後走りにくい状況に陥ったにも関わらず、諦めずに走り続けて勝利を手にしてくれました。二人の走りに感謝したいと思います。最後まで勝利を争ったエルフィン、スコット(マーティン)の二人も素晴らしい走りでした。ワンツーフィニッシュをありがとう」

 なお、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムとしてWRCに参戦中の勝田貴元は、SS10とSS12でトップタイムを記録する速さを見せ、総合6位でフィニッシュした。これについても、豊田社長は次のように語った。

「貴元はステージトップタイムを2回もとってくれました。WRCでのトップタイム、本当にすごいことです。先日、帰国した際の私からのアドバイスが役に立ったね…と言いたいところですが、努力を続けている貴元自身の成長の結果だと思います。次戦以降も楽しみにしてます」

「序盤戦のカッレのコースオフにも驚きました。カッレ(ロバンペラ)もヨンネ(ハルットゥネン)も無事で本当によかったです。ほとんど走れませんでしたが、学びの多いラリーになったと信じています」

「ヤリ-マティ(ラトバラ/チーム代表)のチームを見ていると毎戦、メンバー全員でその力を発揮してくれていると思います。次戦ポルトガル以降、またインターバルなくイベントが続いていきますが、みんな健康第一で戦いに備えてください」

「ファンの皆さま、今回も応援ありがとうございました。次戦以降もTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamにご期待ください。引き続き応援よろしくお願いいたします」

 

Read Also:

シェア
コメント
【WRC】ラリー・クロアチア:歴史的接戦をオジェが制す。2位エバンスとの差はわずか0.6秒

前の記事

【WRC】ラリー・クロアチア:歴史的接戦をオジェが制す。2位エバンスとの差はわずか0.6秒

次の記事

WRC、ハイブリッド導入の来季から100%持続可能な燃料を使用。FIAのチャンピオンシップでは初

WRC、ハイブリッド導入の来季から100%持続可能な燃料を使用。FIAのチャンピオンシップでは初
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント Rally Croatia
チーム Toyota Gazoo Racing