【WRC】4位入賞ハンニネン「後半はポジティブなラリーが続き嬉しい」

WRC第10戦ラリー・ドイチェランド最終日が行われ、トヨタのユホ・ハンニネンが4位入賞を果たした。

 WRC(世界ラリー選手権)第10戦ラリー・ドイチェランド最終日が行われ、トヨタのユホ・ハンニネンが4位入賞を果たした。

 ラリー・ドイチェランド3日目より4番手争いを繰り広げたハンニネンとMスポーツのエルフィン・エバンス(Mスポーツ)。3日目の午前中で一時的にハンニネンが4番手に浮上したが、トラブルのせいでエバンスに逆転され、5番手で最終日を迎えていた。

 しかし、最終日のオープニングステージであるSS18で区間トップタイムを記録したハンニネンは4番手を奪い返し、そのポジションを維持して総合4位入賞を果たした。

 同僚のヤリ-マティ・ラトバラは総合7位、イベント前半でリタイアを喫してラリー2規定で復帰していたエサペッカ・ラッピは、SS19でトップタイム、さらにパワーステージで2番手タイムを記録し、総合21位でイベントを終えた。

 イベント後、トヨタ陣営は次のようにコメントを寄せた。

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #10号車/総合7位)

「今朝最初のSSでは、まだ調子が上がっていなかったのでやや遅れをとりましたが、次のSSはうまく走れました。自分が好きなタイプのコースだったので、その再走となるパワーステージには自信を持って臨みました。しかし、SSをスタートしてすぐ左コーナーで何かに当たってしまい、その後はパンクを回避するためペースを落としました。ラリー序盤にトラブルで遅れたことを考えれば、こうしてポイントを獲得できたのは喜ぶべきことだと思います」

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC #11号車/総合4位)

「ラリー序盤に大きく遅れてしまいましたが、それ以降は良い戦いができました。4位という結果には本当に満足しています。ラリー期間中を通して、クルマもフィーリングも素晴らしい状態でした。今朝は最初のSSでアタックを楽しみ、その後は少しペースを落としました。今シーズンの前半と比べると、後半はとてもポジティブなラリーが続き嬉しいですね」

エサペッカ・ラッピ(ヤリスWRC #12号車/総合21位) 

「昨晩は、うまく行かなかった理由を精査し、原因を見つけることができました。その結果、今朝は状況が改善され2本目のSSはうまく走れましたが、その次のSSではブレーキタイミングの遅れによりコースを外れ、エンジンが止まってしまいました。また、最後のパワーステージではひやっとするシーンもありましたが、幸運にも切り抜けることができました。いろいろありはしましたが、今日のスピードには満足しています」

※文中コメントはTOYOTA GAZOO Racing NEWSより抜粋。

【関連ニュース】

 ドイツ最終日:タナク今季2勝目。ハンニネンは4位

"退屈な"ドイツのルート編成にエントラントたちが不満

ダウンフォースは最大2.2G! 開発者が語るトヨタ・ヤリスの"強さ"

トヨタのハンニネン「ドイツは数年ぶり。良い1日になった」

ワークスでも驚くほどコンパクト。トヨタのファクトリー訪問

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WRC
イベント名 ラリー・ドイツ
記事タイプ 速報ニュース