WRC王者ロバンペラ、ル・マン24時間出場&トヨタハイパーカーのテストに意欲。オジェに続くか?

WRCチャンピオンのカッレ・ロバンペラは、いつの日かル・マン24時間レースに出場したいとの野望を明かし、トヨタのWECハイパーカーをテストしたいと語った。

Kalle Rovanpera, Toyota Gazoo Racing WRT

 スタートを目前に控えた2024年のル・マン24時間レース。世界三大レースに数えられる耐久レースの最高峰とあって、これまでにも毛色の異なるカテゴリーのドライバーが多く参戦してきたが、世界ラリー選手権(WRC)のチャンピオンであるカッレ・ロバンペラもル・マンへの憧れを口にしている。

 現在23歳のロバンペラは2022年、2023年とWRCを2連覇。ただ今季のWRCはパートタイム参戦にとどめ、2025年のフルタイム復帰を予定している。そのため現在のロバンペラは様々なモータースポーツカテゴリーに挑戦しており、先日もオランダのザントフールトで行なわれたポルシェ・カレラ・カップ・ベネルクスでサーキットレースデビューを飾り、4位と5位に入ってみせた。

 ロバンペラは母国フィンランドのラリーサイト『Rallit.fi』の中で、ル・マン24時間レースとニュルブルクリンク24時間レースに出場することが夢であると明かし、さらには世界耐久選手権(WEC)でトヨタが走らせるハイパーカー、GR010ハイブリッドをテストしたいと述べた。

「僕はずっとサーキットでレースをしたいと思っていた。いくつか夢があって、特にル・マンやニュルブルクリンクといった24時間レースに出たい。ただまずはポルシェ・カレラ・カップ・ベネルクスでの最初のレースがどうなるかだね」

「(トヨタGR010を)ぜひテストしたい。トヨタがWECでどれほど成功しているかも知っての通りだ。まずはシミュレータテストをしないといけないし、それ次第でもある。実車を走らせるには十分な速さが必要だからね」

 ル・マン参戦に熱意を見せるWRCドライバーはロバンペラが初めてではない。8度のWRC王者に輝いたレジェンドであり、今季はロバンペラと共にWRCにパートタイム参戦しているセバスチャン・オジェも、2022年のル・マン24時間にLMP2クラスから参戦した。またオジェはトヨタのハイパーカーのテストも経験しており、2021年と2022年にGR010を走らせている。

 motorsport.comはロバンペラのコメントを受け、TOYOTA GAZOO Racing ヨーロッパのディレクターであるロブ・ルーペンに、ロバンペラがWECチームのシミュレータやハイパーカーのテストを行なう可能性について尋ねた。すると彼はロバンペラの希望については把握しておらず、テストに関する話し合いなどもしていなかったようだが、次のように述べた。

「セバスチャン・オジェとはやったわけだからね。果たしてどうなるだろうね」

「それが実現すれば良いことだと思う。彼にとってはセブが良いベンチマークになるだろうね」

 

前の記事 もっとファンに魅力が伝わるラリーを目指して……WRCの”ストーリー”知らせる無線公開などテスト進む
次の記事 オジェ、ダカール参戦に興味ナシ。ル・マン24時間には「また戻りたいという気持ちが強くなった」

最新ニュース

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本