WRC Rally Finland

タナクがトヨタの連勝を阻止する今季2勝目。ロバンペラ2位でランク首位堅持|WRCフィンランド

ヒョンデのオット・タナクがWRCラリー・フィンランドで優勝。トヨタのカッレ・ロバンペラは2位に終わり、3連勝とはならなかった。

Ott Tanak, Martin Jarveoja, Hyundai World Rally Team Hyundai i20 N Rally1

 WRCの第8戦ラリー・フィンランドが行なわれ、ヒョンデのオット・タナクが優勝。今季2勝目を挙げた。ここまで2連勝中だったトヨタのカッレ・ロバンペラは2位に終わったが、ランキング首位を堅持した。

 フィンランドは、トヨタのWRCチームのお膝元。ホームラリーと言える。しかしその北欧の地で躍動したのは、タナクだった。

 タナクは初日金曜日のステージ2でリードを奪ってみせた。しかしその日の夜にはトヨタのエサペッカ・ラッピに3.8秒差まで迫られ、土曜日にはロバンペラの猛攻を受けた。ロバンペラは、難しいウエットコンディションを味方につけ、4番手から2番手まで浮上。タナクの8.3秒差まで迫った。

 そして日曜日にはタナクが反撃し、ロバンペラに対するリードを拡大。ロバンペラは終盤3ステージを連勝したが、タナクはいずれも僅差で続き、最終的にはタナクが6.8秒差でラリー・フィンランドを制した。タナクはこれで、6月のイタリア戦に続く今季2勝目となった。

 ロバンペラは総合2位に終わったが、最終パワーステージを制してボーナスポイントも獲得。選手権のリードを94に広げた。

 ラッピは、最後からふたつ目のステージで、GRヤリスを3回横転させる事故を起こした。これでマシンはリヤウイングやフロントガラス、ラジエターに損傷を負った。しかしながらラッピは走行を続けることができ、首位から1分20秒差ながら3位表彰台を手にした。

 トヨタのエルフィン・エバンスは、土曜日にに左のリヤサスペンションに問題を抱えて後退。しかし総合4位でのフィニッシュ。勝田貴元は首位から3分遅れの6位だった。

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 トヨタ、WRC実戦投入を断念した”GRヤリス”ベースの2021年仕様マシンを公開「このマシンは素晴らしいものだった」
次の記事 トヨタのラッピ、まさかの横転。大破したGRヤリスの冷却水を汲むため湖に立ち寄り、3位表彰台を確保

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本