F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

来年こそ……WRC日本開催実現へ前進? 欧州外でのラリー、6戦を確保へ

シェア
コメント
来年こそ……WRC日本開催実現へ前進? 欧州外でのラリー、6戦を確保へ
執筆:
2019/04/07 8:16

WRCプロモーターのオリバー・シースラ代表が来日。2020年のWRC日本開催は間違いないと語った。

 2019年から愛知と岐阜を中心とした地域で開催されることが目指されていたWRC(世界ラリー選手権)の日本ラウンド。当初、開催は間違いないとみられていたが、昨年10月に行われた世界モータースポーツ評議会(WMSC)で承認された2019年シーズンの開催カレンダーには、日本は加えられなかった。

 しかしWRC日本ラウンド招致準備委員会は、その後も承知活動を継続。2020年の開催実現に向けて今も準備を進めている。そして4月6日(土)にモータースポーツ・ジャパン・フェスティバル・インお台場の会場で、今年の11月にテストイベントを行うことが発表された。

 この発表会には、WRCプロモーターのオリバー・シースラ代表も来日。来年、日本でWRCが開催されることに、太鼓判を押した。

 前述の通り、昨年の時点でも「2019年の開催実現は間違いない」と言われていたWRC日本ラウンドだったが、周知の通り実現することはなかった。しかし昨年と今年では、状況が大きく異なるという。

「FIAとは、ヨーロッパ以外のイベントを増やすという戦略を相談してあります」

 そうシースラ代表は語る。

「世界規模でラリーを広めていくことは、WRCにしかできません。そのためには日本やケニアなど、ヨーロッパ以外のイベントを増やさなければいけません。予算やロジスティクスの問題もありますから、イベントの数をすぐに増やすのは難しいです。なので、来年も14戦のままです」

「開催カレンダーはWRCプロモーターからFIAに提案するものですが、次の提案の中には、日本も間違いなく含まれています」

「そのことについては、我々もすごく前向きです。否定的な部分は何もありません」

「次のWMSC(6月14日開催予定)で、日本開催を承認してもらえるはずです。その後で発表するのが、正式な形だと思います」

 なお欧州以外でのイベントを増やすという案については、すでにWMSCの電子投票で承認され、2020年に関しては欧州で8戦、欧州以外で6戦を行う予定であるという。これを実現するためには、現在10戦行われている欧州でのラリーを少なくとも2戦削減しなければならない。

「ヨーロッパ内のイベント同士にとって、開催権が争われることになります。それは我々のチャンピオンシップにとっては辛いことです。でも、WRCが成長していくためには、必要なことだと思っています」

 シースラ代表はそう現状について説明した。

 日本ラウンドのプロモーターを務めるサンズの高橋浩司氏は、来年の開催実現は99.9%間違いないと語る。

「99.9%確信してやっています。昨年、日本開催が落選したのは、WRCプロモーターにとってもショックでしたし、FIAにも問題提起を投げかけることになりました。ヨーロッパ以外にもWRCを広めようという考え方はありましたが、ルールとしては存在していなかったのです」

 2019年の開催についても「99.9%確信」と語っていた高橋氏。にも関わらず実現はならず……しかし昨年と今年とでは、大きな違いがあると感じているという。

「開催カレンダーの決定プロセスに明確なルールができたことが、一番の違いだと思います」

「昨年は我々も油断していましたが、自分たちの国の権利を守ろうとすることに対する抵抗は難しかった。今回は、ヨーロッパ内での(開催権を巡る)争いになったので、それ以外で争うということはほとんどなくなりました」

「FIAから上がってきた開催候補地のリストには、これまで噂に上がっていないような国も入っています。ですが既存のオーストラリアとアルゼンチン、メキシコ、チリ……そして日本まではキャンディデイトも終わっています。あと、ニュージーランドもキャンディデイト不要という権利を持っています」

「彼ら(WRCプロモーター)はヨーロッパのイベントを2戦落とすという戦いをしなければいけません。大変だと思いますが、日本が落ちることはないと聞いています」

「WMSCが開催される6月14日、そこが我々の運命の日になるかもしれないです」

 まだ正式な契約がなされたわけではないものの、WRC日本ラウンドの開催に向けては、一歩ずつ着実に前進しているようだ。

次の記事
WRC日本戦開催へ向け……今年11月にテストイベント開催

前の記事

WRC日本戦開催へ向け……今年11月にテストイベント開催

次の記事

テーマは”モタスポ好きの聖地”。J SPORTS、2019年モータースポーツを圧倒的ボリュームで放送

テーマは”モタスポ好きの聖地”。J SPORTS、2019年モータースポーツを圧倒的ボリュームで放送
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
執筆者 田中 健一