F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
Race まで
10 時間
:
08
:
31
MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
スーパーGT
16 7月
イベントは終了しました
06 8月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

ラリージャパン、10年ぶり復活! 2020年11月に開催決定

シェア
コメント
ラリージャパン、10年ぶり復活! 2020年11月に開催決定
2019/09/27 12:13

WRC日本ラウンド招致委員会は、2020年11月にラリージャパンが開催されることになったことを発表した。

 WRC世界ラリー選手権日本ラウンド招致委員会は、2020年にWRC日本ラウンドの開催が決定したことを公表。実に10年ぶりのラリージャパン復活が決まった。

 当初6月頃には発表されると言われていた、2020年のWRC開催スケジュール。結局決定はかなり後ろ倒しとなったが、9月第4週に行われた世界モータースポーツ評議会(WMSC)の電子投票により承認。WRC日本ラウンドもこれに含まれることになり、日本でのラリー世界最高峰イベントの復活が決定した。

 FIA世界ラリー選手権(WRC)が日本で最後に開催されたのは2010年(北海道)。以来日本でWRCは開催されてこなかったが、招致委員会が2019年の日本ラウンド開催を目指し招致活動を展開した。しかし結局2019年のカレンダー入りはならず、改めて2020年の復活を目指して招致活動が続けられていた。実際、今年11月には日本ラウンド実施を睨んだテストイベント“Central Rally Aichi/Gifu 2019”が、愛知県と岐阜県にまたがって行われることが既に決定している。

Read Also:

 4月には、WRCプロモーター代表のオリバー・シースラが来日し、「日本開催は間違いない」と断言していたが、正式発表がなかなか行われなかった。

 しかし今回、14戦からなる2020年の開催カレンダーが発表。その第14戦として日本ラウンドが、2020年11月19〜22日に行われることとなった。開催エリアは愛知県内(名古屋市・岡崎市・豊田市・新城市。長久手市・設楽街)及び岐阜県内(中津川市・恵那市)の公道となっている。なお2020年開催カレンダーと共に2022年までの開催国の一部も発表され、日本もその全てに含まれている。つまり2020年から3年間は、日本国内でラリー世界最高峰のイベントを観戦できるということだ。

 日本ラウンドの開催決定を受け、開催自治体首長や、関係者は次のようにコメントを寄せた。

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)会長 藤井一裕

「この度の世界モータースポ一ツ評議会(WMSC)における、2020年FIA世界ラリー選手権日本ラウンド開催決定は、喜ばしい限りです。WRC日本ラウンド招致準備委員会をはじめとする関係者の皆さまの努力が実を結んだものと思います。JAFとしましても、同大会が多くのファンの皆さまやエントラントの皆さまの記憶に残り、喜んでいただける競技会となるよう、関係団体や行政の皆様とも連携を図りながら、引き続き支援してまいります」

愛知県知事 大村秀章

「FIA世界ラリー選手権)WRC)の2020年日本開催を心から歓迎します。多くの自動車関係者、モータースポーツファンがWRC日本開催を待ち望んでいました。世界一の自動車産業の集積地である本県には、自動車文化とモータースポーツの素晴らしさを世界に発信していくというミッションがあります。日本を代表するモータースポーツの中心地として、世界に大きくアピールする大会にしていけるよう、関係者と協力し、2020年秋の大会の成功に向けて全力で取り組んでまいります」

岐阜県知事 古田肇

「東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年に、FIA世界ラリー選手権の日本ラウンドが、ここ「清流の国ぎふ」で開催されますことを大変喜ばしく思います。本県にとって初めての世界的なモータースポーツの大会であり、今から大いに楽しみにしているところです。出場される選手やチーム関係者の皆さまの健闘をお祈りするとともに、観戦に訪れる国内外の皆さまには、豊かな自然や歴史ある文化・伝統など、本県の魅力に触れていただけると幸いです。皆さまのお越しをお待ちしております」

TOYOTA GAZOO Racing WRT総代表 豊田章男

「日本でヤリスWRCを走らせられること、とても嬉しく思います。諦めずに招致にご尽力された皆さま、ありがとうございました。同時に、心地よいプレッシャーを感じ始めています。日本のクルマが日本の道で戦う......。絶対負けたくありません。その日に向けて、引き続きTOYOTA GAZOO Racing WRTは努力を続けてまいります。ファンの皆さまも応援をよろしくお願いいたします」

自民党モータースポーツ振興議員連盟 会長 衆議院議員古屋圭司

「悲願のWRC愛知岐阜開催が事実上決定し、これ以上の喜びはありません。私たちが目指すのは、日本でのモータースポーツ文化定着であり、これはその代表的なイベントです。関係者が連携して、世界中が熱狂する日本ラウンドを創り上げましょう」

SUBARU TEAM ARAI ラリードライバー 2005年、2007年プロダクションカー世界ラリー選手権(PCWRC)シリーズチャンピオン 新井敏弘

「この度はRally Japanが再び開催されるとのこと、本当におめでとうございます。最後のRally Japanから10年近い歳月が流れ、忘れかけている方も多いのではないかと思います。しかし、今回は本州、それも愛知県・岐阜県エリアでの開催ですから、ファンの方はもちろん、ラリーに詳しくない方にも見ていただける絶好のチャンスです。皆さんが普段使っている一般公道で、ワールドラリーカーという化け物をトップドライバーがどのように扱うのか? また、対極として皆さんが普段使っている車と同じ車がどのように走るのか? そのあたりも興味深く見ていただけると楽しめると思います。WRCのすごさを味わいましょう!!!」

草ラリードライバー モリゾウ

「2020年、五輪だけでなく、四輪のトップカテゴリーも日本に来ることが決まりました。日本の風景の中で、あの音、あの匂い、そして、あのクルマの動きが感じられると思うと、本当にワクワクしてきます! 多くの人に、それらを感じてもらいたいと、ずっと思ってきました。来年、それがやっと実現されること、とにかく嬉しいです! 招致には多くの苦労があったと思います。関わった皆さまに心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。世界最高峰のラリーの走りを目一杯楽しみましょう。本当に楽しみです!」

■世界ラリー選手権2020年開催スケジュール

1. モンテカルロ
2. スウェーデン
3. メキシコ
4. チリ
5. アルゼンチン
6. ポルトガル
7. イタリア
8. ケニヤ
9. フィンランド
10. ニュージーランド
11. トルコ
12. ドイツ
13. イギリス
14. 日本

WRCトルコ:オジェ今季3勝目。トヨタのタナクはボーナス5ポイントを獲得

前の記事

WRCトルコ:オジェ今季3勝目。トヨタのタナクはボーナス5ポイントを獲得

次の記事

ラリーGB:トヨタのタナク、フルポイントで6勝目。タイトル獲得へ大きな一歩

ラリーGB:トヨタのタナク、フルポイントで6勝目。タイトル獲得へ大きな一歩
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC