F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
17 時間
:
08
:
29
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
9 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

「アプリリアはWSBKを続けるべきだった」引退メランドリ、翻弄された古巣にチクリ

シェア
コメント
「アプリリアはWSBKを続けるべきだった」引退メランドリ、翻弄された古巣にチクリ
執筆:
協力: Sebastian Fränzschky, Writer
2019/12/25 6:07

アプリリアからMotoGPとWSBKに参戦した経験のあるマルコ・メランドリは、アプリリアがスーパーバイクの世界に留まるべきだったと自論を展開した。

 ロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦しているアプリリア。彼らはスーパーバイク世界選手権(WSBK)でマックス・ビアッジが2010年と2012年にタイトルを獲得し、2014年にシルバン・ギュントーリがシリーズを制したのを最後に、市販車ベースのWSBKからプロトタイプマシンで争うMotoGPへと戦いの場を移した。

Read Also:

 そして2016年のMotoGP本格参戦から4年。アプリリアは依然として苦戦が続いており、2019年シーズンは6位がベストリザルトとなっている。同時期にMotoGP参戦を開始したKTMは既に表彰台を獲得しており、先を越されてしまっている状態だ。

 一方、アプリリアが去ったWSBKでは、カワサキとジョナサン・レイが圧倒的な強さを示し、5年連続でタイトルを獲得している。

 こうした状況の中、2014年にWSBKのアプリリアファクトリーチームに所属していたマルコ・メランドリは、“アプリリアはスーパーバイクの世界に留まるべきだった”と自論を述べた。

「どうしてそうした(MotoGPに注力した)のか分からないんだ。アプリリアはWSBKに留まるべきだった」と、メランドリはmotorsport.comに語った。

「彼らはWSBKでタイトルを争うべきなんだ」

「スーパーバイクはアプリリアにとって完璧なシリーズだ。でも会社のオーナーはそれを望んでいなかった」

 メランドリはMotoGPの250ccクラスでチャンピオンに輝き、MotoGPでも5度の勝利経験を持つ実力あるライダーだ。彼は2011年にMotoGPからWSBKに転身していたが、2015年にはアプリリアと共にMotoGPに復帰した。

 しかし2015年当時のアプリリアは、CRT(クレーミング・ルール・チーム)規定でMotoGPに参戦しており、スーパーバイクのRSV4をベースとしたマシン『RS-GP』の戦闘力は不十分だった。メランドリは苦戦を極め、結局8レースを終えた段階でチームを離れた。

 以降、彼はドゥカティとヤマハへ乗り換えて再びWSBKに参戦していたが、最終的に2019年限りでの現役引退を決定した。

「あの頃は本当に厳しかった」

 メランドリはアプリリアでMotoGPを戦った2015年を、そう回顧した。

「僕はジジ・ダッリーニャと(契約に)サインしたんだ。でも彼は少し後にドゥカティへ移籍し、後任には経験の乏しいロマーノ・アルベシアーノが据えられた」

「僕はアプリリアの助けになるような情報をいくつか提供したけど、エンジニアがライダーからアドバイスを貰わなければならないなんてのは、最悪のシナリオだ」

「(2014年は自身もWSBKで6勝するなど)物事がうまくいっていたところで、MotoGPへスイッチしなくちゃいけなかった。僕にはそうすべき理由はどこにもないように思えたけどね」

「(MotoGPで)数戦後、僕は家に留まっていたよ。マシンは本当に悪かったんだ。スタッフには経験がなく、そして予算も多くなかった。僕にとってはまったく面白くないことだ。プロジェクトに100%の力を注げるようにするには、“楽しみ”が必要なんだ」

Read Also:

2位に甘んじるつもりはない……HRC加入のハスラム「“勝利”こそ目標」

前の記事

2位に甘んじるつもりはない……HRC加入のハスラム「“勝利”こそ目標」

次の記事

BMW、MotoGP参戦には否定的。ブランディング効果が“労力”に見合わない?

BMW、MotoGP参戦には否定的。ブランディング効果が“労力”に見合わない?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ World Superbike
ドライバー Marco Melandri
チーム Aprilia Racing Team Gresini
執筆者 Jamie Klein