ニッキー・ヘイデン、サイクリング中の事故で死去

シェア
コメント
ニッキー・ヘイデン、サイクリング中の事故で死去
Andrew van Leeuwen
執筆: Andrew van Leeuwen
協力: Mitchell Adam
2017/05/23 0:50

交通事故に遭い治療を受けていた元MotoGP王者のニッキー・ヘイデンが、5月22日(月)に亡くなった。享年35歳だった。

Nicky Hayden, Honda World Superbike Team
Nicky Hayden, Repsol Honda Team
Nicky Hayden decal on the car of Kasey Kahne, Hendrick Motorsports Chevrolet
Nicky Hayden, Honda World Superbike Team

 交通事故に遭い治療を受けていた元MotoGP王者のニッキー・ヘイデンが、5月22日(月)に亡くなった。享年35歳だった。

 ヘイデンは先週の水曜日、イタリアのリミニでサイクリングをしている最中、交通事故に遭い、重度の頭部と胸部の外傷を負った。ヘイデンはこの事故により、リミニの病院に搬送された。

 その後、より設備の整ったチェゼーナのマウリツィオ・ブファリニ病院に移送。集中治療室で治療を受けていた。医師の診断の結果、ヘイデンは脳に重度の損傷を受けていたことが確認された。

 懸命な治療が行われたが、それも及ばず、ヘイデンは5月22日に亡くなったことがわかった。

【関連ニュース】

ヘイデン最新情報:"依然として深刻な状態"と病院が発表

【WSBK】ニッキー・ヘイデン「ホンダのバイクをまだ改善できていない」

ヘイデン、思い出のチームのオファーを快諾。「”ノー”なんて言えないよ!」

ヘイデンの代役起用に驚いた地元のミラー。「青山博一が乗ると思っていた」

エスパルガロとヘイデン、ふたりの世界トップライダーが挑んだ鈴鹿8耐

次の World Superbike ニュース

この記事について

シリーズ World Superbike
ドライバー Nicky Hayden
執筆者 Andrew van Leeuwen
記事タイプ 速報ニュース