ホンダ、WTCC日本ラウンドで最大級のパフォーマンスペナルティを搭載

シェア
コメント
ホンダ、WTCC日本ラウンドで最大級のパフォーマンスペナルティを搭載
2016/08/17 10:08

ホンダはWTCCの日本ラウンドで、パフォーマンスウエイトが80kgになることが分かった。

 9月2日と3日に行われるWTCC日本ラウンド(ツインリンクもてぎ)でホンダは今シーズン最大級のパフォーマンスペナルティウエイトで臨むこととなる。これはシーズンを通じて80kgのウェイトをつけるシトロエンと同じ重量であり過去3レースの平均ラップタイムに基づいて決定されたものである。

 一方、ラダは50kgのまま、アルゼンチンで好調だったシボレーRMLクルーズTC1は10kgのウェイトとなった。

 またポールスターのボルボS60は0kgのままだ。

 なお、このレースには、道上龍がスポット参戦することが決まっている。

WTCC日本ラウンド パフォーマンスウエイト:

Car Gap Ballast
Citroen C-Elysee WTCC   80kg
Honda Civic WTCC   80kg
Lada Vesta WTCC +0.3s 50kg
Chevrolet RML Cruze TC1 +0.7s 10kg
Volvo S60 Polestar +1.1s 0kg

TouringCarTimes

次の WTCC ニュース
道上龍WTCC日本ラウンドにスポット参戦決定

前の記事

道上龍WTCC日本ラウンドにスポット参戦決定

次の記事

道上、岡山でWTCCマシンをテスト「あわよくば表彰台を狙う」

道上、岡山でWTCCマシンをテスト「あわよくば表彰台を狙う」
Load comments