予選5位の道上龍、自己最高位も笑顔少なめ「もうちょっといけた」

予選5位を獲得した道上龍は、「もう少しいけた」とQ3アタックを振り返り、悔しそうな表情を浮かべた。

 ツインリンクもてぎで行われている2017WTCC JVCKENWOOD日本ラウンド。自己最高位となる予選5番手を記録した道上龍(ホンダ)は、Q3のアタックは満足できるものではなかったようだ。

 朝のフリー走行2回目では2番手タイムをマークし、日本人初のポールポジションにも期待がかかった道上。ちょうどピットボックスが一番出口側にあることもあり、予選Q1とQ2では一番最初にコースインしタイムアタックに臨んでいった。

 Q2を3番手で終え、自身初のQ3進出を果たしたが、1周勝負のタイムアタックは思ったほど良い結果ではなかったようだ。

「昨日から特別セッティングを変えているわけではないですけど、予選に向けてアンチロールバーの設定とかタイヤの内圧とかはタイムに大きく響くので、その確認もしました」

「練習走行や予選でも最後の方にタイムが出てくる状態でしたが、初めてQ3に進出して1周しかアタックができない状況の中で、タイヤの内圧が少し低かったですね。MAC3ではそこを調整したら雰囲気が良かったので、その内圧でいっていればよかったなぁと思いましたね」

 そう語る道上。自己最高位ではあるものの、笑顔は少なく「もう少しいけた」と悔しそうな印象だった。

 この後、午後には決勝レースが2つ控えているが、オープニングレースはエンジン交換により最後尾からのスタートが確定。メインレースは自身が勝ち取った5番グリッドからスタートする。

「これだけ雨量が多い中でも、ヨコハマタイヤもそれなりに磨耗しますし、逆に走り始めの時はオーバーステアになったりする部分もあるので、(決勝に向けて)そこのバランスをどうとっていくかですね。あと、スタートがうまくいかなくて、MAC3でもホイールスピンが多かったので、そこをうまくできるように考えていきたいと思います」

 決勝に向けて、このように語る道上だが、やはりメインレースはベストリザルトを狙っていきたいと意気込んでいた。

「オープニングレースは最後尾で、あの水煙の中で後ろから行くのは少し恐い部分があるので、そこでクルマが壊れて2レース目に間に合わなくなるといけないので、しっかり落ち着いていきたいと思います。メインレースで良い結果を出せるようにがんばりたいと思います」

取材・執筆/吉田知弘

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCC
イベント名 もてぎ
サブイベント 日曜日 予選
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー 道上 龍
記事タイプ 速報ニュース