WTCCもてぎ:フルウエットのFP2はホンダ1-3独占。道上2番手!

WTCCもてぎラウンドのフリー走行2回目が行われ、ホンダ勢がトップ3を独占。道上龍は2位となった。

 2017年のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンド。予選を前にフリー走行2回目が行われ、ノルベルト・ミケリス(ホンダ)が最速タイムをマーク。ホンダ勢がトップ3を独占し、ウエットコンディションの中でライバルに差をつけている。

 台風の影響により変則的なスケジュールとなっている今回の日本ラウンド。予選を前に、午前8時から45分間のセッションが行われた。昨日よりも雨量が多いコンディションとなったが、道上龍(ホンダ)を先頭に続々とコースイン。ウエットの中でのマシンの確認やスタート練習を行うドライバーも見受けられた。

 このセッションでもホンダ勢が好調で、セッション中盤にはホンダ勢がトップ3を独占する状況。一方のボルボ勢はネストール・ジロラミが開始早々にV字コーナーでコースオフ。ニッキー・キャッツバーグ、テッド・ビョークもコーナリング時に挙動を乱すシーンもあり、どちらかというと苦戦している状況だった。

 セッションも残り15分となったところから、雨脚が強まり、コース上の水の量も一気に増して行く。セッション終了直前にロブ・ハフ(シトロエン)がV字コーナーでスピンしコースオフ。これで赤旗が出され、そのままセッションが終了することになった。

 結局、トップタイムはミケリスの2分08秒935。2番手には道上が0.5秒差で続き、3番手には負傷欠場中のティアゴ・モンテイロの代役としてチームに加わっているエステバン・グエリエリがつけた。

 4番手にはセバスチャン・ローブ・レーシング(シトロエン)のトム・チルトンが入り、ボルボ勢はキャッツバーグの5番手が最上位。ランキング首位のビョークはトップから1.7秒差の7番手となった。

WTCC日本ラウンド フリー走行2回目結果

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ WTCC
イベント名 もてぎ
サブイベント 日曜日 フリー走行2回目
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー 道上 龍
記事タイプ フリー走行レポート